美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士
無料ブログはココログ

ある阿呆の叫び

漢字検定問題無料サイト

« 2008 年10月・11月・12月 | トップページ | 2009年5・6・7・8・9月 »

2009年1月 2日 (金)

2009 年1月・2・3月

 

   (俺の当たりは)

  正月2日は新聞休刊日で全日刊新聞は休みだろうと思う。スポーツ紙に限れば年間の休刊日は本日だけか最近は駅売りコンビニ売りが有り殆ど休みはない。配達分は休みが有るのかもしれない。競輪も昔は本場詣でもせねば投票も出来ず特に開催場の減じる大晦日、元旦当日は仕方なく地方競馬等へ出かけたものだ。

ギャンブルを職業と勘違いするほどのめり込んでいただけに真面目な俺は元日早々休むなんて不謹慎なの思いで出かけたものだ。当時は殆ど遠出の運賃はキセルを敢行した。自動改札と違い気の狂った集団と見なしていたか駅員も甘かった。常に貧乏だった。

盆も正月も無く競輪へのめりこんでいた。現在の非正規雇用の派遣員と違い誰の助けも求めず負けても仕事を無くそうと厳然と競輪と対峙していた。仕事なんて首を切られる前に自分の方から止めてやった。妻帯したり車を所有したり貧乏青年のすることではない

先ず競輪で儲けたら競輪で飯が食えたらと条件付き以外貧乏青年の頭には無かった。俺の世代には同様な考えの貧乏人は多かった。今彼らも何処かの公園河川敷の住民と化しているだろう。身を競輪で滅ぼした者も多い。寓話でも挿話でもない競輪乞食は一杯居た。

  レース場近くの公園・広場・神社・仏閣みんな競輪ホームレスのたまり場だった。今の若者は恵まれている。その分脆弱でひ弱だ。日刊スポーツ紙が休んでもインターネットで出走表は出る。何処を狙っても勝手だし展開は選手紹介を見れば解かる。ただインターネットライブは人数に制限があるようでアクセスが集中すると映像が飛んだり消えたり。今日はいわき平初日で遊んだ。2本的中したので負けは無かった。俺の的中は珍しい。殆ど外すし負ける。やっていて楽しいとも思わない。

選出したフォーカスから最高オッズが狙い目だ。このスタイルは変えられないし変える気も起きない。終身負けの連続の人生だ。俺は競輪で人生を犠牲にした。お陰で家庭も家族も居ない。全国に散らばる現競輪選手が家族みたいなものだ。中には彼らの親父も爺様もと3代に亘る競輪一家も居る。みんな何らかの形で面倒を見た。みんな俺より数段の金持ちだ。俺みたいな競輪馬鹿で君らの生活を下支えしているのだ。みんなリッチで幸せそうだ。今年も君らのために俺の人生を捧げたい。明日から俺の当たりを始めたい。

(ライン読み)

 御託を並べる序に何でも書きたいと思うsi

許してね。あるラインがA(先行)-B(番手)-C(マ-ク)で戦うとする勿論他のラインの選手との絡みフォーカスも多く出現するが基本はライン内選手同士のフォーカスを狙わざるを得ない。競輪の基本だと思う。では3車の絡み2車単だがA→B、A→C、B→A、B→C、C→A、C→Bの6フォーカスの内出現率の多いのは何かデーター収集時の対象レースや色んな条件で微妙に違い、これがデーターだと断言できないがライン内でもBとCでは競争得点上位者が前周りは原則だ。従ってCの頭抜けは少ない。道中での他のラインとの叩きあいモガキ合いで各選手のパワーロスは一律ではないとしても4角からこの3車のみの競争だとしたらA→B、B→A、B→C、A→C、C→B、C→A順に出現する筈だ。

 競争のラインの鉄則からして①先行選手は自分の距離から発進する②B、Cは得点上位者が前をの原則から6個のフォーカス出現順度で無ければならない。ところがオッズは選手個人の人気度から微妙な順位をなす場合が多い。Aの人気がなかったりCの人気が有りすぎたり。この時が狙い目になる。勿論色んな情報から人気通りで仕方ない結果を生むレースも多いが出現順度を乱すフォーカスには注意マークを付けてみたい。何故ってここに推奨フォーカスが潜む場合が多い。ABで20倍有れば絶対買いだしCA、CBで20倍なければ絶対消しだ。3番手差し3番手突き抜けなど有ってはおかしい。グランプリ2008の井上正己の頭は何だってマークで3番手を固めた訳ではない。3番手からの頭狙いで心は別見事に決まったが普通のマーク選手だったら頭まで抜けたかどうかだ。ライン読みは難しい。

(そして悩む)

 久々に大宮初日出走表に岡崎孝士(熊本77期32歳)の名を見た。生憎のバイト日で帰宅後のナイター四日市メンバー考慮中に大書き大宮競輪開設60周年記念の記事へと目線移動中の出来事で救われた。発走前にこの出走表を突きつけられたら間違い無く彼の頭から何がしかの砲弾を発射し何時もの9着固定の彼のレースに失望落胆し自身の一方的思い込みに失意の底にひれ伏す結果になったであろうから

 先ず俺の現在から毎月土日(雨天日を除き)日中はバイトへ出かける。当日は基本的に車券購入は避ける。携帯電話を所有していないことにも依るが残る在宅日の月22日前後は終日競輪三昧で過ごす反動からもバイト日は早朝からスポーツ紙へは目も通さぬことと決めて掛かっている

 又熊本出身であり同郷の選手には少なからず力が入るのは仕方ないことでもあろう。競輪ファンの常として俺だって過去を振り返れば強い選手本命路線を歩いた結果が現在の反本線?オッズ優先の俺のスタイルが確立したとも云えよう。77期で岡崎孝士選手が颯爽とデビューし一気にS1へ駆け上った当時が懐かしい。オッズ優先の俺が彼だけは別扱いだと関東出走時には買い求めたものだ。俺の思い込む彼の勇姿には現在の6番車固定9着入着固定のまるで一時のトップ引きレーサー並の走りは想像すら出来ない

 個人的事情は一切知らないが未だ老け込む年でもない。最近ではA級とのエレベーター選手になりかかっている様だ。関東での配分も少ない。今期S級に復帰したのだし前期A級でそこそこの成績を上げたのだろう。君が出走表に名を連ねると取捨に悩む。GⅢくらすのメンバーなら負ける訳無いとの応援心理が働き、君絡みの高額配当フォーカスは何処へ?と最近でのトップ引き同様な淡白9着大差負けとの狭間にお父様は悩む

 何度も頭から応えてくれた君何度も穴を取らせてくれた君俺から離れて行ってしまった君。今日の大宮も第3レース⑥番車だ。競争得点比較ならトップ引き競争でも良かろう。君のデビュー時を知るファンにはこのメンバーなら君の楽勝に見える。相手は牛山貴広と渡会啓介だ。負ける訳無い。君の頭から3連単なら高配当だ。ゲット出来たら俺は幸せになれる。買うか買うまいか一目ぼれしてただけに悩むそして悩む

  (所詮偶然・・・)

  宝くじの購入で飯を食ってる人が居るだろうか職業として他に収入源を持たず宝くじオンリーで何時起こるであろう偶然を期待して最近でこそロト6とかミニロトとか多種発売されている様で詳しいことはわからないが1等当選だけに限れば有りえないだろうそれに比べれば我等の競輪3連単と云えども504種の中からの抽出で可能性は僅かだがあろうかやはり多分無い。自然数の世界と違い選手間には強弱優劣格差が有り五分の出現率とは云いがたい。その分オッズに高低として跳ね返り選択肢をさらに拡げてしまい複雑化する。現実に504種からの抽出でも3桁配当だって起こる。一概に何種類のフォーカスで狙えば良いか愚問だ。購入金額より多額な払戻金を受けるように購入すれば何種類でも全種類でも良い訳だが全種類の投票の場合は高額配当でなければならなくまぐれ僥倖頼りと同列になろう。即ち損しても良いから出来たら高配当のフォーカスで決まってくれ的発想では職業としては成り立つまい。1日1人のお客様の入店しか考えられぬラーメン店を開業するような物だろう。3連単のフォーカス全種を買い続けて利益が出るのなら外資系ファンドだって黙っちゃ居ないだろう。有りえない話だ。リスク無き競輪はありえないがリスク無き職業は成り立たない。言葉を変えれば競輪はリスクがあり職業として成り立たないと語っている。従ってリスク承知で如何に投票するかの段階からの話だ。

 雪山に素人さんが登るとしたらの注意事項的な話で出来たら登らない方が増しだろう。

 競輪だってやらない方がベターだがやるとしたらの注意事項が俗に云う必勝法や能書きだ。所詮競輪はギャンブルだし外れることは大有りだ。100回200回連続して外し続ける場合だって起こりうる。3連単1点勝負で6桁オッズを投票し続けて実体験するも良かろう。賢くなる分豊かな人生となろう。

  (バカでした)

 今晩は更新が一寸遅れまして申し訳ない。拙文に競輪の惨敗談義じゃ魅力ないのは解かっています。それでも訪問していただく皆様に深く感謝いたします。新年以降勝利は続いていますか何かの間違いではこのまま今年は連勝を続ける積りですか本当に貴方は馬鹿です。気が狂っています。今日の熊本第8レース6→9→5¥22,230 第9レース

3→9→6¥23,600 これは2連単の配当金ですが因みに3連単配当を記せば夫々¥76,330 と¥206,410 獲れましたか狙って当てたのですかまぐれで当てましたかそれとも序に買った券が間違ったのですか聞くまでも無くまぐれ偶然ですね。

 だって狙い目ならもっと低配当になるでしょうまして俺のブログ訪問者の仲にはこんな配当当たる分けないからです。若し居たとすれば的中はしたけど赤字でした。じゃ投票を止めた方が明るい未来がありそうです。俺は珍しく投票を休んだ。バイトで家を留守にしたからだ。

 買えば買うだけ負ける。競輪ファンは2のタイプに分かれる。①当てながら負ける人②当てることも無く負け続ける人?もっと具体的に云えば①は多点張りのファンに多い。心配性で可能性あるフォーカスは何でも買わねばならぬと思い込み的中はするのだが払戻金以上にあれこれ投票してしまう人②はケチか的中は1点しかなく2点以上は無駄だと1点に拘泥し、しかも大穴狙いで死ぬまでに的中券に巡り遭えるかどうかのタイプだ。どっちにしろ負けることには変わりない馬鹿なファンの代表です

 第8レースは大きな意味ではラインです。⑧-①-④が本線で⑤-⑨-⑥は別線です。本線は人気になり狙い目は別線が競輪のセオリ。ならば⑤-⑨-⑥のラインからどう買うか俺ならオッズ次第だが9→5と9→6の順。恐らくラインの3番手から買えるどうか9→6のオッズで165.2倍のオッズが有っただけに多分9→6までで終わったろう。買わなくて良かった

 殆ど毎日負ける買えば買うだけ外す。他人が買わないところを自分独りだけ当てたいのだから。本当に馬鹿です。しかも高配当を解かっているのです。馬鹿だと

 2日間止めた勢いで明日も止めたら明後日も止められるかしら自分の人生否定になっても止められますか本当です。自身のことです馬鹿でしたと云える日が来るでしょうか

  (企業参加へ)

   時には政治問題等に口を挟むも良かろうが競輪人生論者では識者国民から乖離した意見になってしまい分相応に続けるしかあるまい。競輪投票者の殆どが有り余ったお金を寄付行為として車券購入している訳ではない。国民を救う為疲弊した経済へ刺激を与える為の行為ならより富んだお金持ち階層の参加が有ってしかるべきだと思うし順調企業の寄付金の一環として競輪投票へ資金提供が有っても良かろう。定額給付金の配分方でも議論多発の様だが競輪ファンとしてはレースの売上金に上乗せする形でプラスαとして計上し的中者への還元を模索するのも一案だと思うのだが低迷する競輪売り上げ金問題にも企業参加が有っても良い。選手との個人契約する企業も最近増えているようだ。選手賞金の副賞等へのスポンサー参加は既に古い。ファンへの還元資金(払戻金)へ参加してもらいたい

 明日から小倉競輪祭も始まる。優勝戦の売上金の大半を企業参加型で担ってくれ!

 ファンは売上金の一部負担程度にしてもらえたら企業イメージのアップになろう。競輪は選手がスターではない。車券投票するお客様がスターなのだ。他のスポーツとは違う。投票するお客様へ還元するスポンサーなら幾ら企業参加が有っても良い

 この優勝戦の払戻金協賛企業名を列記するのだ。あの世界のトヨタなら不況と云えども億単位で協賛されても良い。派遣削減問題よりイメージアップは間違いない

  (見るだけにする)

  レースを個々切り離した1個の生命体の如く独立した個体と捉える方には問題なかろうがレース全体を複合体と見てその内の1レース1場面と捉え損益計算も複数レースを持って算出する側には迷惑な一場集中開催の小倉競輪祭が始まる。他の競輪場を休ませ約4千名近くの選手を派遣社員同様自宅待機させての愚策方式が続く。ありがたい事だ

 50年間投票人生の俺がGⅢ程度からのこの一極集中発売方式時は殆ど休競輪投票日として完全無投票のオーディエンスの一人に早代わりする。今回も先週の土日と投票中断を始め以来中断継続中でもありさらにこの競輪祭開催期間終了まで中断の延長が出来そうで嬉しくなる。明日からは川崎競輪場が同時開催へ踏み切るらしくエールを送りたい。名ある選手が売り上げを伸ばすのでは無い

 若しそうであるのなら選手・親族・関係者の投票を認めざるを得ないであろうし子供の投票参加まで認めざるを得まい。ご祝儀的意味合いを兼ねて選手周辺関係者が余ったお金で投票できるであろう。彼等は純粋なスポーツ家の流れを汲む。不純なお金や生活費をつぎ込む純競輪投票家とは大違いだ。彼等こそ家族の運動会的見地に立ってお祭り参加が出来るであろうし貧乏人競輪生活破綻者とは意を異にする集団だからだ

 競輪が本分(博打)を忘れ単純スポーツになってしまってはいけない。競輪は博打で有って賭場を彷徨う子羊達の糧の奪い合いの場でなければならない

  (老人と競輪)

  獲れましか?儲けられましたか?何種類のフォーカスをどうゆう風に割り振りしましたか?オッズと割り振り枚数を総合的に見てどのフォーカスで決定しても利益を生む割り振りが出来ましたか?若し外していたらこのレースに投資した損金を諦めるのですか?それとも何か取り戻す当てがあるのですか?

 昨日の競輪際決勝戦の話である。9→3→6での決定は2連単¥490(1番人気)。3連単¥3,430(6番人気) の配当をつけた。何事も1番を好きな方は多い。1番人気をオッズに関係なく好きな方1番人気はとりあえず買う(押える)方ひょっとしたらこのレースに限り儲けただけではないでしょうね?このレースの9着選手の賞金が¥330万らしい。

 ファンの中に9着賞金以上をこのレースで稼いだ人が居るでしょうか?手元の計算機で試みても2連単で¥846,100。3連単なら¥99,100を1点で投票して初めて達成出来る金額である。貧乏で生活破綻している殆どの競輪ファン各位どんなにアガイテモこの決勝進出レーサー並の生活レベルに達することは不可能事だと思う。上記計算も総売り上げ金額が無限の世界であり自分の金額まで算入すればもっと多額になる。総売り上げが2連単¥3億5千余3連単¥13億2千4百万弱の世界に1点高額投票のファンが現れてはさらに低配当になる。所詮選手レベルの生活者の投票者は不在である証になろう。

 所詮競輪は貧乏人の日当稼ぎ生活費稼ぎ職業の代用の域を出ていない証でもある。大手企業への車券売り込みや大手企業の広告宣伝費を払戻金へ加算する新たな改革無くして競輪業界は既に頭打ちだ。

 まして一場開催一極集中方式の押し付けレース発売では利口な貧乏老ファン達は逃げ出してしまいそう。因みに俺は9日間投票を回避した。敗者戦、消化レース、押し付けレース、国際レース、新人戦、俺の忌避するレースばかりを盛り込んでさあ買えじゃ貧乏車券師の生活費を回すわけには行かない。晴れて今日から極普通の開催が続く西武園、松戸それに四日市ナイターまで昼間やられても夜で取り返せば良い。競輪はこれでなくてはいけない。

   (競輪で飯を食いたい)

 常に思いませんか競輪で飯が食えたら良いなあ別に順調な収入源のある人では考え付かぬテーマーかもしれないが貧しくして競輪へ嵌ってしまった多くのファンには再三どころか永遠のテーマでも有る。競輪で利益を生むためには的中し払戻金を受けることが絶対条件である。レースを1個の個体と考えるなら100%的中させねばならない。その為には発売される全フォーカスを投票する以外100%の保障はないからである。仮に2車立て2連単が発売されたとする。選手をAとBだとすると2種のフォーカスA→BとB→Aが発売されこの2種を共に投票しない限り100%の的中は無い。ところが総売上金の75%が払戻金として充当される現制度では2種のフォーカスとも2倍以上のオッズを表示することは有り得ない。仮にA→Bが2倍以上のオッズならB→Aは1倍以下のオッズを表示せざるを得ない。全フォーカスを投票しどのフォーカスで確定しても投票金額以上の払戻金を受ける絶対的方法はありえないのである。リスクなき競輪は成立しないのである。そこで2種の内の1種を選び賭けが始まる。外れたとしても仕方が無い。潔く負けを認めよう。但し的中の折にはにっこり出来る。が賭けの原点である。飛躍して考えれば生活費を賭けて外し生活が破綻しても仕方が無い但し的中の折にはリッチな生活が出来る。レースを1個の個体として考え年間1個レースとか半年に1個レースしか開催がなければ競輪投票を商いとして考える馬鹿なファン生活破綻の車券師選手も施行者も誕生しなかったであろう。全国47場での相次ぐ開催により連日平均数十レースが開催されレースを複合体と考えると数個のレースを1単位に1日分を1単位に各節を1単位にとレースの数をひとまとめにした考え方が浮かんで来る。リスクの無い競輪は有り得ないが的中した時点で今までに投票した全投票金額にのしを付けて払戻金を受ければ好い。なる複数レースでの勝ちを見越した考え方だ。発売される一部のフォーカスへ賭けるのだから外れを想定内と考え、あるスパーン内での勝ちを目論む考え方が生まれる。一部分へ賭けるのだから1回2回否10回20回外すことも厭わない。

 的中した時点で損金全額を回収してしまう考え方だ。ここにも落とし穴があるのだが初心の内は気付かずに深みに嵌りこんで行く。10個レース続けて外しても11個目のレースで前10個レース分の損金と11個目の投票資金を加えた上に利益金を生む考え方だ。パチンコだって¥1万¥2万で出る訳が無い。最低¥5万分は追ってみないと・・・・的考えはどのギャンブルにも共通した考えだろう乞う続編は明日以降で

  (競輪狂いの1日)

  いくら競輪狂いでも未明の現在競輪予想を始めている方は少なかろう。専門紙スポーツ紙の発売取扱所関係者以外情報入手が困難で精精前日分の反省って云ったところか今は知らないが昔は夕刊紙Dで前夜版が夕刻7時過ぎごろからキオスク等駅売りで発売が始まり同時にN紙がレース裏話や選手宿舎の模様を書いた。共に入手せねばと競輪狂いの沽券に拘わると早い時間での帰宅はなかった。現在はネット等入手可能だが選手コメント抜きでは最終展開(並び)は勝手読みするしかない。又レースのアヤで展開は変化し自己流でのレース読みが却って正着の場合もある。選手コメントも周回も程ほどでよかろう。多点投票型のファンなら同一レースの予想フォーカスに変化も少なかろうが1本で予想すると刻一刻予想は変化する。想定内フォーカスなら即座に10点前後は浮かぶ。絞込み段階で変化するわけだ。個人的にはオッズ次第が多い。10倍切れたら狙い目が有っても買わない。100倍超えたら再考する。主に2連単投票だけに中穴狙いが殆どで略外す。100レース前後続けて外す場合も多い。基本的考えは100レース外しても101レース目に取り返せば良い。200レース連敗しても201レース目に取り戻せば良い。この繰り返しで現在まで来た。自分の信念とは云え200レースも惨敗が続くと実際おかしくなる。心理的に動揺するし独り言も飛び出す始末。他人が見たら気違い気狂い状態なのだろう。現在はインタ-テ-ネットのみで狂った状態を他人様へお見せする機会は無い

 本場参戦時代は1角バンク上り口で選手へ金網越しに指示を出した。スピードが上がる前で選手と最接近出来る場所だと思い俺の仕事の一環でも有るかの様に声をからした。オーロラビジョン導入前の時代で選手達には貢献した積りで居る。戦績はどうかってそれは聞くものじゃない解かってるくせに

  (男の仕事に非ず)

 最近ブログに凝りアクセス数を期待する半面雑でも早く内容より回数と焦り気味で成果は上がらず反省しきり。選手も無駄な野暮な練習に終始することも有ろう。何事も訓練・練習嫌いな方が実利の多い場合も有るが一個人に限れば訓練も練習もやらないよりやったほうが増しだと思う。他人と比較してはいけない。自己の素質にあった合理的方法を見つけるべき努力研究は必要だ。投票方法も色々ある。絶対的方法はないとしても当てながら遊ぶなら当然人気サイドのフォーカスも投票せざるを得ない。外しても何時かまぐれの僥倖のみを期待するのならオッズとの勝負となろう。但し幾ら投票を続けたとしても生涯中に辿り着くことは保障できない7桁配当。そして現行の競輪売り上げからして1億円の総売り上げすらないレースも多く

億万長者を夢見る対象物ではない。競輪は当座の小遣い稼ぎ無職者の日当稼ぎ生活費稼ぎの域を出ない代物であり人生を賭け生涯を賭け男一代を賭ける大仕事ではない。手ごろな定職者なら職業を辞めてまでのめりこむ対象物でもない。無限の売り上げが期待できる時代は終わった。統計こそ執っていないが1レース精精数百万円を1千名の前後のファンで自己生活費を賭けあいながらのバトルに過ぎない。男ののめりこむ時代は終わった。サブプライムローン同様終わった。終わったのだ。

 今後儲け話を展開したとしても1日限り1レース限りの限定的能書きに過ぎないことを前置きにしたい。

   (成ってからでは遅い)

 他のスポーツ同様競輪選手の社会的地位認知度は先輩選手達の奮励努力にも助けられレベルアップしたことはは万人が認めるところ。他のスポーツで平日の昼間、年中開催して例え入場料¥50とか¥100だったとしても関係者以外どれだけのお客さんを呼び込めるだろうか。野球にしろサッカーにしろ他のオリンピック種目を想定したとして毎日のように平日の真昼間開催して競輪の入場者数を超える数値へ達することは不可能だろう

 何故だそれは当然競輪が博打だからだ。本場参戦するお客様はケイリン選手の追っかけや熱烈ファンでもない。兎に角何とか日銭を捻出したいのだ。定職で高級取りのお客様が昼間から仕事を犠牲に儲ける可能性の少ない競輪場へ駆け込むだろうか俺だってそう云う立場だったら仕事を放り出して不確実な競輪投票へ参戦することは無い

 仕事がなく無収入を何とかしたいが為の狂気の状態で駆け込んでいる。若し否定するのなら。平日は勿論正月・夏・GW等国を挙げてのバカンス(馬鹿巣)週間の昼間のみ競輪開催してみてはどうか。お金持ちが有り余った遊行費で車券購入へ駆け込むのを待てば良い

 恐らく限りなくゼロに近い数値へ近付くであろう。何度も云うが競輪の資金は貧乏人が生活費を賭けたバトルに過ぎない。否定する貴方1年も続けたら貴方も貧乏人の仲間に成ろう。成ってからは遅い。

   (貧乏老人車券師は去れ)

  俺は競輪を博打の対象としか見ないで時代を越した。だけにスポーツ化したケイリンは俺の本意ではない。俺らの過ごした競輪時代は終わったのだろう。お金に余裕のある方が余暇にレジャー気分で行くだけで良い。1種のテーマーパークや公園・遊園地へ又スポーツ競技場へ平日の昼下がりから大勢のお客様が詰め掛ける日を追えば良い

 一生を競輪で身を持ち崩した多くの貧乏車券師達を見殺しにして明るい笑いの集う夢のケイリン果たして育つかなあデズニーランド・シーパラダイス等売り上げで抜けるかな立派な娯楽の殿堂へ育つかな俺は車券投票する気は完全に失せてしまっている。

 1年間投票がないとインターネットの資格を失うらしい。その日があと320日を切った。そして競輪に明け暮れ全時間全資金を捧げた馬鹿な人生を嗤おう。俺の追い求めた競輪は自浄努力して異質なものへ変質してしまったようだ。

 貧乏人を対象にしない明るい社交の場ケイリン恋の生まれるケイリン子供達がせがむケイリン観光のスポット・ケイリン

 ならば入場料を¥5000以上にしろ窓口だけを¥50~¥100で貧乏人まで迎い入れて矛盾点だらけで競輪がケイリンへ育つか危惧する。

 さあ今日から普通の平日の昼間に職も無く当ても無く収入源の無い貧乏人を迎い入れてなけなしの金を吸い上げる博打競輪が始まる。それでも俺は買わない。一極一場開催のダービー決勝日より増しだが現行の主催者の流れからして俺は完全に手を引きたいと考える

 1日も早くTVのゴールデンタイムにケイリンの放映権を勝ち取って全国の子供達のケイリンファンを作るが良い。

 人生を棒にした老人貧乏車券師は去れ。邪魔だ。何故か追い出されてる錯覚を受けるのは俺だけだろうか

   (一時幸せの輪番制)

 俺は貧乏人だ。金もなければバイトも無かった。さながら今で云う非正規雇用どころの騒ぎではない。周りの殆どが貧乏人だった。皆が日雇いの仕事に有りついたりあぶれたりでその日の糧や居場所を探す状態が延々・・・彼等に手を差し伸べる愚かな施設や行政は無かった。日本古来の貧乏人の相互扶助として自然的に発生した頼母子講や無尽に現競輪の発祥はその礎が繋がっている。貧乏人が僅かな浄財を出し合い瞬時の幸せを享受し合う一時幸せの輪番制に過ぎない。所詮競輪だってそんな高尚な趣味・嗜好・レジャーじゃない。なのに貧乏人を締め出しお金持ちの余裕なお金で楽しむレジャー嗜み趣味へと移行してるように見えて仕方がない。貧乏人が一時幸せを¥100で求めるが原点でなければ競輪の隆盛は期待できない。他の大資金レジャー産業の中へ埋没していくしかない。そして単なるスポーツの1種に成り下がれば良い。

   「食事に行きたいのですが何処か近くに食堂はありませんか?」引っ越してきたばかりで土地のことも知らない荷主へ案に「じゃあ私達もお昼にしますから一緒に出前でもとりましょうか」の返事を期待する。出前を呼べば荷主が払うのがセオリー引越し祝いだもの休憩時の飲み物、チップものろのろ運んで態度で要求する

 勤務先の引 (引っ越し)

  個人でもそうですが梱りと布団袋で18歳で上京以来身軽さと貧乏学生と有って数々の引越し経験はある。約50年前水道橋神田附近には学生相手の下宿間借りの紹介所が多数有り学生料金で入退居を繰り返していた。夜逃げ・トンズラ・潜り込みニヤ犯罪も一般的に昔の大家さんは学生へは寛大だった。当時アルバイトの少ない時代である。昼間部の学生なら夜の仕事を本職で働くか極短期(1日or2日)のバイトでも見つかればハッピーって感じの時代である。

 九段のお堀の中に学生援護会なる施設で極僅かな紹介しかない。尤も極一部の秀才大学生には個人的家庭教師の仕事もあったらしい。以外は皆貧乏学生が大半だった。俺も銀座のクラブのボーイへ転進したりもしていたがその内潮留めの日通構内での面白い仕事を見つけた。日雇い労務者と一緒の仕事で本人の意識の問題で学生と云っても身を持ち崩した学生崩れは数名居たが殆どが山谷からの浮浪者無宿舎ドヤ生活者に交じっての仕事それが日により引越し作業だった。会社企業の引越しには多くの人足を必要としその短期日のみの刺青君も多数紛れ込む状態だった。日によってこの日通構内の職場が代わり倉庫作業だったり都内配達の助手だったり大型貨物の上乗りだったり列車貨車の荷物下し等々多種に亘り慣れてくると比較的軽作業へと栄進して行く。最後は個人の家庭の引越しが主に成った。

 大型コンテナ1台に運転手1人に荷解き人足2or3人が通常。運転手は配達の荷物を降ろすと次の集荷へ向かい人足夫だけに成る。これからが人足達の荷主との駆け引きが始まるのだ。

 ①何とかして昼飯は荷主にご馳走になる。

 ②チップを期待し何とか出させようと試みる。

 ③最後に引越し用廃材・ダンボール、菰(コモ)類を近くの個人運送店へ売り飛ばす。この3つを完遂しようと努力する。今で云うマンションは少なく5f程度でも全て人力で運んでいた。中々仕事を始めず再三の一服を繰り返す。そして早めの昼食を切り出す。

越し代負担が多いと見えて意外に気風の好い荷主さんが多かった。空気の読めぬ荷主でチップも食事も出ないと解かると乱暴に扱う。お部屋への家具の設置もいい加減で「一応ここにおきます。後でお気に入りの場所へ置き換えてくださいと」玄関脇に積み置きして終える

 帰りが又良い。当時国鉄の延長に日通があり殆どの駅がホームと繋がっていた。駅員も日通の仕事関係者だと見逃してくれる。フリーパスでの帰社となる。余禄を競い合った引越し作業の経験だ。今じゃこうも行くまい。お陰で今流フリーターを50年前に先取りし裏芸は負ける競輪投票業本職はフリーターで人生を歩んできた。

 お陰でしょぼくれ爺様がいる。このブログアガキの競輪ネタは尽きない。乞う「アガキ」へのアクセスを

   (競輪インポテンツ)

  競輪も負け続ける日が常態化すると当てて儲けて喜ぶ感情競輪の醍醐味・喜悦から遠ざかってしまい日常化してしまう。強迫観念とは違い日常動作日課に近い感情から何となく買い何となく負け何となく自己肯定しながら不完全燃焼のまま敗北を繰り返す・・・怖いですね。僕はこの状態を競輪インポテンツと呼びたい。

 他に収入源が無くしてこの競輪インポテンツに患わされているファンは居ない筈です。若し競輪の投票だけで利益を出し生活しているファンの方は俺のブログ訪問されずに結構です。

 幾ら競輪投票が負ける本業の積りでも競輪資金を捻出する収入源での人間関係においてこの競輪インポテンツが顔を出していませんかと杞憂するからです。例を挙げれば単に競輪投票の資金を稼ぎ出すアルバイト感覚の職場の筈の連中に付き合い一献酒を付き合うにしろ彼らは貴方と違いお金を出し惜しみするのが常態化してるからだです。彼らはそこが本業です。馬鹿なお金は出来るだけ使いません。割り勘が限界です

 貴方とは違うのです。その職場で得た金で生活しているのです。妻子が居ます。哀れなのです。家庭も家屋も車も借金も有るかもしれません。そんな彼らとの付き合いに置いて貴方の競輪インポテンツが顔を出し「俺が払うよ」と言い出しかねないからです。

 確かに貴方は競輪で5万円10万円負けるのに慣れているでしょう。一般社会の連中の金離れの悪さに呆れてしまい「こんなはした金にくよくよして」とその職場の上司先輩相手に全支払いを引き受けてしまったり・・・・

 一般社会では競輪投票社会とは常識が違うのです。皆ケチに見えるでしょうがそれが常識なんです。負け続ける競輪投票なんて考えたことも無い人間達です。そこへ貴方の常識負ける競輪投票を持ち出してもかみ合う訳がありません。

 

 (普通の車券師)

 お早うございます。輪士です。儲け続けていますかあのみのもんたさんのコマーシャルじゃないが「普通の人が普通に働いて普通に家を建てる・・・・」同様「普通の人が普通に車券を買って普通に・・・・する」となると(・・・・)の部分に入る言葉は限られてくる。貧乏・生活破綻・破滅当たりしか適切な言葉は浮かばない。良いんです。普通の人が普通に車券投票を続けている限り普通に家も建たないし車も買えない結婚も出来ない。又既に家を建てている人車を所有している人は手放す羽目になるだろうし結婚している人は離婚するだろう。普通に競輪投票を続けている人の行き着くところはみんな同じところ

 気にすることはない。同じように有得ない夢を追いかけるしかない

   (負のスパイラル)

 競輪に首を突っ込み興味が出始めたなら既に遅しだが出来たらこれ以上深入りしない方が良い。直ぐに生活破綻者への入り口とも知らずそれでも一攫千金を狙うのなら宝くじでも狙った方が増し。競輪じゃキャリーオーバー最大12億円のBig Dreamとか等有るらしいがこれは本来の競輪での一攫千金を逸脱したお金持ちの嗜み出るまで待とうホトトギスの域。競輪での儲け狙いはそんな大金狙いじゃない筈だ。当座のお小遣い狙い日雇い労働に溢れた労務者・無宿者の日当稼ぎはみ出しサラリーマン・セールスマンの逃げ場時間つぶし自営業者どら息子の遊びで高が1箇月分の給与額程度が限界だろう。1個レースで¥100万以上を狙う儲け対象商品ではない。普通開催FⅡじゃ1日12レースの総売上金額でも数千万はざらに有りこれを各レース7種の賭け式で発売する。場のお金を総取りしたところで数十万で所詮最下層貧乏人達の日銭稼ぎのバトルに過ぎない。1日¥2万も稼げたら御の字だろう。そんなところに儲け話しが転がっている訳はない。幾ら競輪が詳しいとか逃げがどうの差がどうの○○選手の捲くりがどうの口角泡を飛ばしたところで1個レース数万円の儲け狙いが限界だ。1日¥1万以上の利益を託するのならもう既に貴方の心理状態は危険水域と云えよう。勿論¥1000の配当金を10枚も的中させれば直ぐ¥10000の話になるが所詮¥10万程度の場のお金を入場者の一部100名程度で奪い合っているに過ぎない。競輪での希望利益の上限が1万円単位を超えたらすでに貴方は危険水域だ

そんなこと云ったてオッズ4倍へ¥1万1本で入れれば直ぐ¥3万儲けるじゃないか3連単6桁配当はざらに有るじゃないか◎→○を2回、転ばせば簡単じゃないか・・・・既に貴方は負のスパイラル状態だ。

« 2008 年10月・11月・12月 | トップページ | 2009年5・6・7・8・9月 »

競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009 年1月・2・3月:

« 2008 年10月・11月・12月 | トップページ | 2009年5・6・7・8・9月 »