« 寵児 | トップページ | 愚行は続く »

2014年4月11日 (金)

負け惜しみ

 小田原最終日第11レースS級決勝戦

  ①根田空史-⑧川崎健次-⑨佐藤康紀   (南関+1)  

  ②野田源一-⑥古閑良介              (福岡)  

  ④原田研太郎-③香川雄介           (四国)   

  ⑦小林大介                     (単騎) 

  ⑤園田 匠                      (単騎)

 駒切れ戦だが単騎勢の狙いは根田の番手狙い。①根田の頭なら薄目狙いも面白い。今節調子良い四国勢も面白いがラインだけに高配当は期待できない。

 3→4で 25 倍以上期待したい。

 出目の基本要素は何だと思いますか?色々上げ出したら限が無いが僕は①脚力・②展開・③人気だと思っている。調子・天候・ペース・年齢・ギヤ・相性・実績・運等より多くの要因を加味した方が出目の確定値に近付く考えも有るが所詮レースは生き物?ある選手の一瞬の心の動揺次第でレースの流れ事態大きく左右されてしまう?レース読みは如何なる外因を組み込んだところで完的するには発売フォーカス全種を買い求める以外にない。それでは100歩譲って発売されるフォーカス全てを投票し投票枚数の割り振りさえ上手に配分すればどのフォーカスで確定しても投票枚数以上の払戻金をゲットすることが可能だろうか?頭の悪い人なら早速計算に入るだろうが総売上金の75%を払戻金へ充当する現行では有り得ない話である。理解を早める上では2車立て競輪発売ホーカス2種で計算すると分かりやすいが100 %的中させながら万度、勝者側に位置することは不可能事である。幾ら競馬の世界で73億円投票し78億円払戻金を受けたらしき公務員の話が有ったとして万度勝者側に立てる訳ではない。偶々何らかの僥倖に左右されたに過ぎないのである。僕の説が負け惜しみだとしても・・・

« 寵児 | トップページ | 愚行は続く »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 寵児 | トップページ | 愚行は続く »