美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士
無料ブログはココログ

漢字検定問題無料サイト

ある阿呆の叫び

« 京王閣初日 | トップページ | ダービー決勝戦 »

2014年3月22日 (土)

幻・まぼろし必勝法

  ダービー5日目第11レースS級準決勝戦

  ⑥竹内雄作-①金子貴志    (中部)

  ②菊地圭尚-⑤伏見俊昭    (北) 

  ④根田空史-⑧内藤秀久    (南関)

  ⑦川村晃司-⑨村上義弘-③稲川 翔   (近畿)

 4分戦!ライン3車の⑨村上と⑥竹内使える①金子で人気を分けそう?①金子から狙うと相手探しに窮しよう?薄目へ行きたいが 1→5では20倍なさそう?

 2連単でも買う以上40倍はほしい。独自な主義だが低配当では競輪で食っていけないと思っている。

 オッズを考えずに予想するだけなら呑気に戦歴上位者から展開有利者から予想し結局新聞と同じ解説者と同じ結論になってしまう?それじゃ嫌だと頑張ると連戦連敗も否めない。どっちが好いか?どっちも無駄な抵抗になってしまうが・・・若かりしあの時資料を集めデーターを細かく取り必勝法が確立すると本気に考えてしまったのだから?あきれる?

 競輪は有限の短期間に開催された数値のデーターであり数式上の理論で計れるものではない。

 仮に◎→○の平均出現率30%平均オッズ5.0倍なるデーターを捻りだしたとしても必勝法にはなり得ないのである。

 期待値=(30 ÷100)×5 =1.5 >1 から理論上は必勝可能な筈なのだが有限の世界においてこの数値は単に幻の数値に過ぎないのである。

 現実の世界において出現率30 %と云えど100 レースに30回出現する保証はない。101回目のレースから200 回のレ-スまで含んで60回出現する場合もある。資金に余裕が有ったとしても100 回連続して大敗した後101 回以降を追い続ける場の総売上金にすら上限が有るのだから・・・幻・まぼろし以外の必勝法は存在しないのである。

« 京王閣初日 | トップページ | ダービー決勝戦 »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京王閣初日 | トップページ | ダービー決勝戦 »