« 平塚S級戦初日 | トップページ | 変則4日制 »

2013年11月15日 (金)

東京オバールナイター

 松坂開設記念初日例によって特選を3個レース組んでいる。当然主力組が3手に別れ各レースとも選手間に脚力差が生まれる。3着までに入れれば準決フリーパスだが出来たら2日目優秀で気楽に走りたいだろう?万一取りこぼしても2次予選で2重に勝ち上がりに網がかけられている。何とか特選組には普段の実力を発揮して下さいの思いが込められているのだろう?3個の特選は3日目準決勝戦の練習レース見たいで普通に走れば主力組は連に絡みやすい。従って初日は1次予選の中から脚力差のあるレース?戦法的に出入りの少ないレースの自力型が勝ち上がり易い。売り出し中の若手先行選手は時代を終えたベテラン追い込み選手に勝ち切って明日へ繋げたいだろう?比較的穏便に収まる日も多い。番組編成委員の腕の見せ所だが2連単で3桁以下の配当だけでは今日の利益で明日を戦えるファンは居なくなる。適当に波乱含みで穴党もよろこばせねば明日の売り上げ浮上は心細い。土日連休!チョイ儲けが理想だが基本ファンは全員敗退している。心に悔しさを滲ませながら手を付けてはいけない筈の禁じ手を破って明日も何とか資金を持ちださせねば売り上げは伸びない。痛し痒しってところだろう?

 狙いは京王閣ナイターに波乱多いとみて第9レース

  ⑦竹沢浩士-②三浦稔希-⑧吉川浩士    (中・近)

  ①田中孝彦-⑨朝倉佳弘-⑤笹川竜治   (関東+1)

  ④大久保直也-③国村 洋ー⑥山根泰道    (中・四国) 

  地元⑨朝倉の顔を立てるレースでは妙味が無い。⑦竹沢が乱すと④大久保の捲りが決まる。4→6 なら高配当! 3分戦でも純スジだとオッズ的に妙味が薄れる。

« 平塚S級戦初日 | トップページ | 変則4日制 »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 平塚S級戦初日 | トップページ | 変則4日制 »