« 休む者が最後は勝つ | トップページ | 小田原初日 »

2013年10月 4日 (金)

高齢化時代かも

 タイトル男が何故高松まで出掛け勝って当たり前負けてもそれほどヤジも飛ばないだろう?クラス相手に戦いの場を求めるのだろうか?しかも先行で?後閑が出走すれば喜んで先行を希望する若手が居たとしても自分のスタイルは変えられないのかもしれない。今日だって先行選手は一杯いる。皆後閑選手にあこがれて逃げるテクニックでも学びたいのかもしれない。

 高松最終日第11レースS級決勝戦

 ①後閑信一-⑤山下 渡              (関東)

 ②大西 祐-⑨三宅 伸-⑥井上辰也     (中・四)

 ⑦松坂洋平 (単騎)

 ④佐藤一伸 (単騎)

 ③上田 隼  (単騎)

 ⑧高城信雄  (単騎)

 結果はどうだろうか?①後閑の気持ちを汲み取って他の頭では買い辛い!

 オッズは①を絡めると低配当だろうが1→7では買う気も起きない。只①後閑なら負けたとしても頭が下がるおもいだ。

« 休む者が最後は勝つ | トップページ | 小田原初日 »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 休む者が最後は勝つ | トップページ | 小田原初日 »