« 準決勝戦 | トップページ | 何時もの通りで »

2013年9月 6日 (金)

これも休みが正しい

 今日は青森初日。ここの番組編成委員は比較的ラインの並び方を3分戦型で組み合わせてくれる。ライン毎の力関係が互角ならどの選手にも互角の入着可能性が出る訳だしレースの読み方次第ではライン内相前後する選手同士で簡単に望外な配当に有りつく場合も多い。一番読みにくいのは3ラインとも脚力伯仲する場合でライン間格差が薄れてしまうとどのラインが本線でどのラインが抵抗勢力でどれが穴ラインか?掴みどころが無くなる場合である。買い目は多いがフォーカスのオッズ倍率まで均等化してしまうと何処から狙っても本線?穴線?の比較まで無くなってしまう場合は困る。何処から狙っても13倍程度の配当が軒並み並んでしまう場合である。本命◎→対抗○の積りが13倍になったり穴の積りが★→△で11倍だったりするとまた車券は絞り切れなくなってしまう?勿論多点張りの人も同様に困ることであろう?11倍から20倍程度のフォーカスだらけではどのフォーカスで的中しても元取りにも成らぬ場合も多い。何種類勝っても投票するフォーカスの買い入れ金に格差を付けて按分してもどれで入着しても良いところトントン?外すと丸損を繰り返している内に貴方の人生そのものが擦り減って行く。

 青森A級特選

 ⑥坂本周輝-④大沢哉太-③小松剛之   (北勢)

 ⑦柿沢大貴-②須藤直道-⑨山信田学   (関東)

 ⑧湯浅大輔-①川口直人-⑤遠藤勝行   (南関)

 何処から狙っても互角恐らくオッズも均衡しそうだ。ラインの前後は誰でも1度は考える。

 筋では配当的に妙味が薄い。ラインを渡ってフォーカスを作ると良い線まで行くが最後は狂う?

 全てを考えて2→5 当たれば40倍はある。

 それでも掴みどころのないレースなだけに冷静なら休むべし。

« 準決勝戦 | トップページ | 何時もの通りで »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 準決勝戦 | トップページ | 何時もの通りで »