美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士
無料ブログはココログ

漢字検定問題無料サイト

ある阿呆の叫び

« 長塚智広 | トップページ | 現在 »

2012年5月29日 (火)

誰が鈴をつけるか

  どのコミニティーに置いても長老に居座らては後輩にとっては居心地の悪いものである。自分が嫌がられているのは理解できるのだが代表して鈴をつけに来る者がいないと、まあ当分好いか?今の収入も欲しい?と居座ってしまう長老が多い。

 程々に後進へ道を譲らないと寝首を掻かれる場合もあろう?余程ずうずうしい奴を除けば先輩をさておいてその前に立つ何て常識的には出来るものではない。

 「力さえ有れば先輩も後輩も関係ない!」的?主義の人でないと競争社会には向かない面もあるが?長幼の序ありで能力主義のみに走るととんでもないことになる。

 サラリーマンだって先輩を何期も追い抜いて出世街道を突っ走るのもどうかと思う?残念ながらその手の生活をした経験もなく常に年下の上司や先輩・同僚に敬語で表面上取り繕って来た。お陰で職場外付き合いは避けるようにしていた。

 だってそうでしょう?職場外でまで上司面されたのでは堪らない。当方はアルバイト感覚の仕事に過ぎないのに?勝手に偉い振る舞いをしたがる?単細胞サラリーマン?

 半端出世のお父さんに多いよ!能力もないのに?年功でそのポジションを与えられただけなのに?・・・

  

  今日は宇都宮最終日!決勝戦第11レース?

 地元の重鎮①神山雄一郎の処遇をどうするか?

 順当なら③長塚智広-①神山雄一郎-④飯島則之-⑦中村 淳で回って神様?仏様?

 神山様?で何も無いレース。

 これを繰り返して現在の競輪が続いている。もうそろそろ遠慮して貰いたい!そう思って走る選手がいるかどうかだ。しかも神山の地元で!

 工藤元司郎さんあたりに話を付けて貰うか?

 参考までに工藤さんと同期の選手を思い出して貰いたい。

 16期 工藤元司郎(東京→茨城) 稲村雅士(群馬) 山田武義(愛知) 須田一二三

     (三重)

  どうせ車券はとれないだろうから昔を偲んで貰いたい。

« 長塚智広 | トップページ | 現在 »

一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 長塚智広 | トップページ | 現在 »