美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士
無料ブログはココログ

漢字検定問題無料サイト

ある阿呆の叫び

« 競輪投票総論 (1) | トップページ | 競輪投票総論(3) 副読本 »

2012年3月11日 (日)

競輪投票総論 (2) 副読本

   

※以前「1日限定競輪投票似非必勝法」に記述した説明がより踏み込んでいるので重複する様だが引用したい。

 当時は競輪不等式を僕のイニシャルS を付けてS 不等式と呼び

  (投票金額)+(諸経費)+(希望利益)≦(払戻金)・・・S 不等式とし、諸経費を\1,000

 希望利益を\5,000 で説明している。以下当時の記事だが

    1日限定競輪投票似非必勝法(1)

 S不等式つまり

  (投票金額)+(諸経費)+(希望利益)≦(払戻金)・・・・・・・①

 を満足させながら自分の専用領域の数値を代入して行く。

  通常我々貧乏車券師は職業に恵まれず転職を繰り返すか不安定な状態での生活破綻者が多い。競輪も仕事の様なもので何とか日銭¥5,000は稼ぎたい。欲を云えば限がないからS不等式①の希望利益は¥5,000として置く。諸経費は交通費・新聞代・入場料・昼食代・電話料等を想定したが我等貧乏車券師は昼食だって有りつかぬ日も多く断食にも慣れていることだろう。出切るだけ経費は削減し諸経費は¥1,000以内としたい。S 不等式の左辺へ数字を代入すると

  (投票金額)+(1000)+(5,000)≦(払戻金)・・・・・②

  つまり(投票金額)+6,000≦(払戻金)・・・・・③    が出来上がる。

 車券の最低単位¥100を③へ代入し又(払戻金)=的中枚数×配当金から投票枚数は当然1になるを③へ代入すると

   100+6,000≦1×配当金・・・・・④

    ∴6,100≦配当金・・・・・⑤  の結論を生む。

 貴方が貧乏で日当最低¥6,000を稼ぎたいが投票できるお金が¥100しかない貴方の買い目は配当金¥6,100以上のフォーカスを狙えと語っているのだ。

 そんな無茶なオッズ61倍車券が1点で当たる訳ないじゃないか!と吠えられても困る。だから投票資金が¥100しかなければ投票は止めるしかない。

 自分の懐事情と的中可能なオッズを不等式③へ代入しながらS不等式を満足させながら投票を繰り返すのだ。今回は投票資金¥100の貧乏車券師の例で展開してみた。

 次回は幾らにするか¥1,000 ぐらいで続けたい。1日限定競輪投票似非必勝法は続く。

  

  似非必勝法(2)

   例によりS不等式より入る。

  (投票金額)+(諸経費)+(希望利益)≦(払戻金)・・・・・・・①

  前回は資金¥100の方の例で述べた。1日¥1,000以内の資金で希望利益¥5,000捻出は結果的に無理な相談となろうが続けてみる。

 資金¥200の場合。1個のレースへ¥200投入する方法と2個のレースへ1点で、¥100ずつ2個レース投票する方法が有る。

  A 1個のレースに\200 投票する場合

     ア、 1点で全額投票する場合

     イ、 2点に分けて2種投票する場合

  B  2個のレースへ1点ずつ投票の場合

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 諸経費¥1,000希望利益¥5,000は前回と同じとする。

  A ア、の場合S不等式へ数値を代入すると

   200+1000+5000≦払戻金…・・・②

   ∴6200≦払戻金・・・・・③(答え)

  不等式③以降から

   の考え方は的中した場合の的中枚数が2枚で

   払戻金=2×配当金を③へ代入すると

    3100≦配当金・・・・④(答え)となり

 オッズ31倍以上のフォーカスへ¥200全資金を入れれば良い。的中が条件だが目標の日当¥5,000ゲットは可能だ。

   A イ、の場合2種のフォーカスへ分けて投票するから的中枚数も1枚になる。

  不等式③から

  つまりオッズ62倍以上のフォーカスを2種投票し的中すれば¥5,000ゲットできることになる。

 ウの場合2段式と云うか2個のレースへ分散投票するだけにチャンスは2度来る。

  最初のレースは前回同様

    6100≦払戻金となるが的中枚数は1枚だからオッズ61倍以上を狙えば良い。

 そして的中したら即刻引き上げるのだ。万一外した場合二回目の投票金額に初回投票して外した¥100分が加算されることを忘れてはいけない。S不等式も2回目以降は投票金額に注意し総投票金額で有ることを忘れないで欲しい。

初回投票から6100≦払戻金・・・・・⑤で不的中とする。

2回目の投票金額は総投票でS不等式から

      6200≦払戻金・・・・⑥(答え)となるが的中枚数はやはり1枚だから

初回投票オッズは61倍以上を狙い2回目は62倍以上のオッズを狙えば良い。的中が条件だが日当¥5,000ゲットは間違いない。

   「お前!簡単に61倍以上だの31倍以上だのオッズを簡単に云うが予想フォーカスは何だ?」といわれそうだが・・・

 競輪資金¥100や¥200で投票する以上常識予想では駄目だと云いたい。要するに使用予想紙専門紙から拾うとすれば記載された予想フォーカスの中からオッズ条件を満たすフォーカスを選ぶしかない。自分で作成するフォーカスなら常識スジ車券では一寸オッズ的に無理だろう。3分戦のライン3番手からのオッズ探しになろう。資金¥200なら止めた方がbetterだ。

    似非必勝法(3)

 まずはS不等式から

  (投票金額)+(諸経費)+(希望利益)≦(払戻金)・・・・・・・・・①

 資金¥300の人の場合。

 ア、1レースに1点で¥300投票する人

  イ、1レースに3点各¥100ずつ投票する人

  ウ、3個のレースに分けて¥100ずつ投票する人

 以上3パターンが考えられるが諸経費=1000希望利益=5000で考えて行く

  ア、の場合S不等式に代入して

    6300≦払戻金・・・・②

    この場合1点で¥300投入しているから

    払戻金=3×配当金・・・・・③

    ③を代入すると

    2100≦配当金・・・・④

つまりオッズ21倍以上のフォーカスを投票すれば良い。

  イ、の場合各項に代入し計算すると

    6300≦払戻金・・・・②

 この場合3種のフォーカスを投票するから的中枚数は1枚となる。

 従って②からオッズ63倍以上のフォーカスを3種投票すれば良い。

  ウ、の場合

  最初の1レース目はS不等式に代入して

    6100≦払戻金・・・・②

から61倍の以上のオッズへ投票すれば良い。

最初の1レースを外すと次回の投票金額へ加算されるだけに

数値代入すると

    6200≦払戻金・・・・③

から62倍以上のオッズへ投票すれば解決する。

第1レース第2レースと連続して外すと

第3レースの投票金額に前回までの金額が加算されるだけに

    6300≦払戻金・・・・④但し的中枚数は1枚だから

オッズ63倍以上を投票すれば的中さえすれば日当¥5,000ゲットは間違いない。

資金が小額だけに理論以上に的中フォーカスの厳選は難しいと思われるが一口にオッズ

60倍越えフォーカスとはどんなものか次回ブログへ能書きを漕ぎたい。乞う次回sun

  

    (オッズ61倍超えるフォーカスの世界)

  一休みの積りじゃないがオッズ61倍超えフォーカスの世界を考えたい。通常競輪は一列棒状で周回を繰り返し青板当たりから戦機も漲りラインの出入りが始まる。スタート直後の位置の取り合い以上の熾烈な戦いで想定内ラインが崩れ選手コメントと異質なラインが出来上がることも日常茶飯事だ。この壊れたラインまでレース読みの対象事項にするとレース読みはさらに複雑化し必要フォーカスは煩雑になり妾の子供へまでを家族数に勘定する正妻は少ない。4角入りの壊れたラインを読みきることが的中率アップの大要素ではあるが一日の投票資金¥300までの世界ではコメント後のライン内フォーカスに絞らざるを得まい。レースは通常スタート後はラインで位置を取り合い多くてラインは4個までこれ以上の点の戦いは皆無に近く有っても車券対象レースから大きく外れたスポーツケイリンの話だ。このラインで落ち着いた初周の状態を僕は競輪直線と呼ぶ。

 (先頭固定員)-(ライン1)-(ライン2)-(ライン3)-(ライン4)

 各ラインには動く選手(逃げ)を目標に脚力貫禄上位者から順次編隊を組む。現在ではこのライン内の並びは選手コメント通りと云えラインの位置取りに微妙な違いは出るが青板以前の問題でタイミング次第の問題だろう。先行意欲の強い選手が多ければその先行選手毎にラインは形成されて行き各ラインの中身は通常の並びで

  (先行)-(番手)-(マ-ク)-(追い込み)の長くて4車まで。勿論例外もあり先行1車

オール追い込みオール先行的レースも車券対象外レースとしたい。増して資金¥300クラスの貧乏車券師においては。この並び順に予想は始まる。

 断って置くが2連単賭け式で話は進めている。ライン間にも自然と人気の度合いが付き人気順に第1ライン第2ライン・・とすると並びから(番手)→(先行)、(先行)→(番手)、(番手)→(マ-ク)。

 までは初心者でも直ぐ予想が立つ。その第1ライン内で選出した上記3フォーカスは特に人気が集中し易くまずオッズ61倍を超えることはない。若し並びで考えるのならライン3番手の(マ-ク)の頭から(マ-ク)→(番手)。(マ-ク)→(先行)。(マ-ク)→(追い込み)のフォーカスならオッズを吟味してみる価値はある。第1ラインへ人気が偏れば第2・第3ラインの(番手)→(マ-ク)、(番手)→(先行)、(先行)→(番手)でも考慮の余地はあろう。

 (先行)1車のレースの場合も(番手)が大競りなら先行絡みになり(番手)確定レースなら低配当のレースとなりそうで61倍超えるレースとなりそうも無い。結論的には2分戦なら第2ラインの(マ-ク)→(番手)。(マ-ク)→(先行)。3分戦なら第3ラインの(番手)→(マ-ク)をオッズから厳選するしかない。選手に惚れ、選手の名前で買う方式はメデァの仕事だ。先ず61倍超えるオッズ抽出が急務だ。

   (オッズ61 倍を超える世界を創る)

  (4と16、5と13、6と11、7と9、8と8)=(64、65、66、63、64)・・・・・?

何だこれは!賢い競輪フアンなら左辺の掛け算を右辺へ計算したことは直ぐに解かろう。

 つまり2個のオッズを掛け合わせて右辺のオッズを創り出そうとの考えである。俗に云うところのダルマ返しである。

 いきなり61倍超えオッズを探せと云われても数十種の中からでは抽出するだけでも大変だの反論もあろう。

 そこで2個のレースを選び最初のレースで的中し払い戻された全額(¥100未満はポケットへ) をそのまま次のレースで投票するのである。その時のオッズ2個レース分のオッズの組み合わせ例に過ぎない。この組み合わせのオッズ程度なら使用予想紙フォーカスの掲載順で2番目・3番目の◎→▲・◎→△で十分だ。但し2回連続的中が絶対条件だ。レースに拠っては◎→○でも10倍超えも珍しくなく抽出は簡単だ。

 資金¥100なら第1回目を外すと退散せねばならないが資金¥200ならさらにワンチャンス殖える。2個のレースのオッズ組み替えさえ上手くやり的中が連続さえすれば何時でも日当¥5000はちょろい。資金¥300¥400・・・と余裕がある毎に掛け合わせるオッズを挙げていけばさらに多くの払戻金が期待できる。欲を掻いてはいけない!。我々は基本貧乏人車券師に過ぎない。

小額資金にS不等式・ダルマ返しさあ条件は揃った。1日限定競輪投票似非必勝法を励行してみる日が近付いた。負ける場合の金額を最小限に止める事を忘れずに日当¥5000の世界である。

  

   似非必勝法(4)

 本来の似非必勝法へ戻る。資金¥500の場合も基本的な考え方は同じ。

投票金額)+(諸経費)+(希望利益)≦(払戻金)・・・・・・①

 S不等式を満足させながら投票を続ける。諸経費=1000、希望利益=5000、投票金額の上限が500まで。払戻金=的中枚数×配当金の的中枚数が1~5の間。

軍資金¥500をどう投入するかで的中枚数は変化する。次の3つのパターンを考えてみた。

 ア、1個のレースへ1点で¥500投入する場合(的中枚数は5枚)

 イ、1個のレースへ5点で投票する場合(的中枚数は1枚)

 ウ、5個のレースへ1点ずつ投票する場合(的中枚数は1枚)

 ア、の場合S不等式に数値を代入して計算する

      6500≦(払戻金)=5×(配当金)

      ∴1300≦(配当金)

からオッズ13倍以上のフォ-カスを1点で¥500投票し的中すればS不等式は成立する。

 イ、の場合同様数値を代入し計算すると

      6500≦(払戻金)=1×(配当金)

からオッズ65倍以上のフォーカスを5種投票し的中すればS不等式を満足できる。

 ウ、の場合5個のレースへ¥100ずつの投票だから各レース前レースの結果待ちになり的中すればその時点で解決し外れる場合投票金額が¥100ずつ加算されて行くS不等式へ数値を代入していくと

 第1回目 6100≦(払戻金)。第2回目 6200≦(払戻金)。第3回目 6300≦(払戻金)。第4回目 6400≦(払戻金)。第5回目 6500≦(払戻金)

から61倍以上62倍以上63倍以上64倍以上65倍以上と外れる毎にオッズを上げていけば良い。

以上3パターンを考えたが全て基本はS不等式を満足させながら投票することである。

投票するフォーカスは(オッズ)×100=配当金とし61倍を超えるオッズは常識的予想の人気フォーカス内には少ない。中には1点で90%超える的中率をうたう詐欺的兵のアプローチには十分気をつけて欲しい。1点で90%を超える的中率なら何倍のオッズを投票すれば 利益が出るか?

問題にしてこの必勝法(4)を終えたい。

  

        似非必勝法(5)

 貧乏老車券師の話しは続く。資金¥500までをクリアしたところだが今回は一気に¥1000で進めたい。省く¥600から¥900の場合もS不等式を遵守しながら抽出するオッズを計算して行けば的中が条件だが似非必勝法には変わりはない。

(投票金額)+(諸経費)+(希望利益)≦(払戻金)・・・・・・・①

を守りながらの投票になる。以下の3パターンが考えられよう。

 ア、1個のレースに1点で¥1000投票する場合→的中枚数は10

 イ、1個のレースに10点¥100ずつ10種投票する場合→的中枚数は1

 ウ、10個のレースに1点¥100ずつ投票する場合→的中枚数は1

 アの場合数値をS不等式①の各項へ代入すると

  1000+1000+5000≦(払戻金)

 この場合的中枚数は10枚だから

    ∴7000≦10×(配当金)

    ∴700≦(配当金)

 からオッズ7倍以上のフォーカスへ1点勝負で解決する。

 イの場合も同様計算すると

    ∴7000≦1×(配当金)から

  オッズ70倍以上のフォーカスを10種拾い出し的中すれば

  日当の¥5000は稼げる算段だ。

  ウの場合も10個のレースでチャンスを狙う方法で前レースの結果待ちには変わりはない。

  第1回目数値を入れ計算すると6100≦(払戻金)

  第2回目〃            6200≦(払戻金)

  第3回目〃            6300≦(払戻金)

 ・・・・・・

  ・・・・・・

  第10回目〃           7000≦(払戻金)

 この場合的中枚数は常に1枚だから第1回目オッズ61倍以上第2回目オッズ62倍以上第3回目オッズ63倍以上・・・第10回目オッズ70倍以上とオッズ条件を上げて行き

的中を条件にするがS不等式は満足させている。

 冷静さと強情さを持ち合わせていないと目的達成は難しいが最悪条件下でこき使われて働くより増しだ。競輪で身を持ち崩した貧乏車券師を採用する職場はない。しばしの我慢だ。軍資金さえアップすればこの似非必勝法のレイトを上げていけば良い。

 S不等式の(希望利益)を上げれば自ずとより多くの日当を稼げる計算だ。

 我々貧乏車券師は遊びや趣味で車券購入しているのではない。生活をかけ命をかけ一般人の仕事以上に熱心に競輪へはまり込んでいるのだ。

 笑われても良い。何時か競輪で喰ってやる。

  職業車券師でなくして我々を救う職業はない。

       似非必勝法(6)

   資金¥1000以内を論じると「お前!今の時代に何を云う?」とお叱りを受けそうだが戦後の復興期に食費を生活費を賭け合った貧乏人の生活闘争が現在の競輪を育てゝ来た。現在だって競輪の根底は職業に生活に恵まれない者同士のバトルに過ぎない。

 今日は資金¥2000から。例により投票金額は¥2000以内、諸経費¥1000、希望利益¥5000を条件にし

以下の3パターンを考える。

 ア、1個のレースへ¥2000全額を1点で投票する場合→的中枚数は20枚

 イ、1個のレースへ¥2000を20点で投票する場合→的中枚数は2枚

 ウ、10個のレースへ¥200ずつ1点で投票する場合→的中枚数は2枚

   (投票金額)+(諸経費)+(希望利益)≦(払戻金)・・・・①

         (払戻金)=(的中枚数)×(配当金)・・・②

①②を条件に考える。

 ア、の場合数値を代入すると

    2000+1000+5000≦(払戻金)

     8000≦20×(配当金)

    ∴4≦(配当金)

   つまりオッズ4倍以上のフォーカスへ1点勝負で解決だ。

 イ、の場合同様計算すると

     8000≦2×(配当金)

    ∴40≦(配当金)

   つまりオッズ40倍以上のフォーカスへ¥200ずつ10点投票することになる。

   勿論オッズ80倍以上のフォーカスへ¥100ずつ20点投票してもOKだが。

 ウ、の場合

   1回目の投票金額¥200を①に入れ計算すると

     6200≦2×(配当金) から

     3100≦(配当金)

 つまりオッズ31倍以上のフォーカスへ1点勝負となる。的中すればこの時点で解決するが外れた場合2回目・3回目・4回目・・・10回目と総投票金額は¥200円ずつアップする。

  10回目の数値を代入して計算すれば

    8000≦2×(配当金)

     ∴4000≦(配当金)

 要するに前レースを外す度にオッズも32倍以上33倍以上34倍以上・・・40倍以上と追いかけて行く。あくまでも的中が条件だが日当¥5000ゲットは可能だ。S不等式を条件に各自の資金を上手に運用すればより効率の良い方法は他にも考えられよう。

  競輪は選手の技術・スピード・かけ引きを見たり著名選手を追いかけるものではない。あくまでも金儲けの手段に過ぎない。GⅠなんってマスコミが騒ぐだけで十分だ。貧乏車券師はローカル平場の一般レースで十分だ。

« 競輪投票総論 (1) | トップページ | 競輪投票総論(3) 副読本 »

競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 競輪投票総論 (1) | トップページ | 競輪投票総論(3) 副読本 »