美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

ある阿呆の叫び

漢字検定問題無料サイト

脳トレ

無料ブログはココログ

« 競輪投票総論(3) 副読本 | トップページ | 競輪投票総論 (5)副読本 »

2012年3月12日 (月)

競輪投票総論 (4)副読本

   レース読み・・・初編

 他の芸事なら知っていて損する機会は少なくむしろ得する時が多く人としての幅の広さすら感じさせるであろうがこと競輪となるとそうは行かない。ダーティーな面が付きまとってしまう。それでも競輪道へ入り込みたい人は勝手にどうぞ!道案内したい。

 初心者、新参者ならスポーツ紙、専門誌、予想屋さんTV解説等からの専門用語に圧倒されるかもしれないがスポーツ紙推奨太字フォーカスを中心にちょびちょび付き合われれば良かろう。適当に的中し大負けは少なかろう。そしてのめりこむことも無く生涯数回の競輪体験で通ぶっても並みの親父には通用しそうだ。

 趣味も高じると独自な理論から独自な予想立てが始まり時々ヒットを飛ばすと研究の成果が現れたのかと勘違いする。あくまでも勘違いなのだが本人は気付かない。他の芸事、習い事、学問もそうだが全て物まねで研究・学問・努力の成果ではない。真似の上手い人が先生であり教師であり学者なのだが全て先人の物まねで独自理論なんてこの世に存在しない。模範解答の熟練者が受験に勝つ。模範解答の物まねが上手いからだ。あらゆる科目の熟練者が真似事の繰り返しで受験戦争には勝てるsun。野球の真似事の上手い人は甲子園を制するsun。全て真似事人間世界!。競輪社会も予想の真似事をして敗残者まで真似してしまう?そこで競輪の予想も真似事に始まり真似事に終わる。競輪選手も強い選手の真似をして強くなる。競輪予想の世界には永久不変の勝ち方はなく一日限り1レース限りの偶然の勝ち方が垣間見えるだけだ。

 印の無い出走表を元にいかにレースを組み立てていくか?先ず9選手の脚質欄・決まり手欄等から先行選手を選び出すことからレース組み立てが始まる。何人の先行選手が存在するか?次に各先行選手ごとに同県、同地区選手を一まとめに書き上げていく。2車なら先行回数の多い方を前少ない方を後ろと見て選手の車番を線で結んで表記して行く。複雑なレースを予期して捌き・追い上げ・イン切り等テクニックを要するレースは逆な並びも有るが通常は逃げが前、追い込み後ろが普通のスタイルだ。3車なら先行選手を前面に追随する順は近況実績上位者順に車番を線で結ぶとわかり易い。全て物まねで結構な競輪直線が面白い様に組み立てられて行くsun。ここまで真似たら立派な競輪投票学校1年生だ。少しずつ能書きを漕ぎながら参戦すると好い。結構様になった競輪おっさんだ。スニカーにジャンパー野球帽が似合うsun。晴れたら好いなsunsun競輪場へ行こうsun

  レースの読み初心者編 2

 先行選手を中心に同県同地区毎にグーループ分けが済んだら

 (先行)-(指定席)-(マーク)-(追い込み)と車番で並べてみる。

 自ずとA-B-C-Dみたいなグループ内競輪直線が出来上がる。後は簡単だ。

 相前後する車番を並び通りに列記すればそれが可能性の高いフォーカスとなる。

 A→B、B→A、B→C、C→B、C→Dここまで列記すればこのグループ内で決定するであろうフォーカスは殆ど網羅されている訳だが他にもグループがある場合グループ毎に同様な過程を踏むことになる。

 (先行)⇔(指定席)、(指定席)⇔(マーク)、(マーク)→(追い込み)のフォーカスを書き上げてみよう。ほぼ可能性あるフォーカスが出来上がっている。恐らくスポーツ紙、専門誌共に貴方の作り出したフォーカスが記載されている筈だ。レース自体が順当に収まれば的中フォーカスは80%はこの中に有ろう。

 新聞により本線で狙うか別線から入るかの違いで本線の欄に無ければ穴欄へ記載されている筈だ。ここまでは初心者のレース読みだろう。次からが他のラインとの組み合わせフォーカスを読み込む練習へ入りたい。

 ただ所詮1~9までの僅か9個の自然数内の数字の組み合わせだから勝手に組み合わせればレース読みの必要も無くフォーカスは簡単に作られていく。資金が潤沢で利益を意図しない乱れ買いならそれでも良かろうが出きるだけ僅かなフォーカス数で効率よくスマートに絞り上げるのがレース読みの基本概念になる。

 先ず先行選手の数が問題だが脚質が先行だからと云って先行選手全員がそのレースで先行する訳ではない。どんなレースに置いても最終周バック線を先行で走る選手は1人か2人で3人以上で凌ぎを削る火の出る様な熱い戦いは少ない。先行を脚質にする選手が4車以上も乗り合わせたら一応出入りの激しいレースが想定されるが表面上は4分戦だが3対2対2対2対の戦いだと或る先行の2番手か3番手に別な先行選手が控えているだけに仕掛けが難しくなる。

 抑えて!抑えて!堪えて!堪えて!を自問している内にレースは終わってしまう?

 自分の出番は無く付けた後続の選手にまで迷惑を掛けてしまう。性格にも拠るが先行選手はジェスチュァーだけでも1度はレースの最前団へ踊り出ねば投票してくれるファンを裏切ることになる。バックを取れないこと?連に絡めないこと?は解っていてもパフォーマンスは大事である。一度は抑えて恰好をつける。次のグループに抑えられてすんなり下がり後方待機したまま大きな数字の着を拾う。これも先行選手の仕事である。不本意ながら業務命令みたいなものだ。先行選手が数名乗り合わせた場合本当に先行する選手?演技だけの選手?追い込みに回る選手?捲くり狙いな選手?を見分ける必要がある。

 先ずは新鋭でより若い選手が逃げる!。先輩格が捲くりに回る。が一般的だろう?。

  

 レースの読み初心者編ー(3)

   ◎→○の意味

 使用新聞が有ればそのまま読めば比較的出現率の高いフォーカスが列記されている。

 多分そこに掲載されたフォーカス内で決定するレースの場合は殆どの競輪投票家の頭を過ったフォーカスで有るが投票したかしないかはその方の普段の習慣や癖・流儀等で運は分けれる。ただし各フォーカスがどんな思考過程を辿って紙上へ記載されたかの意味合いが解れば各フォーカスの出現率の高低が読み取れオッズも読み切れるのである。 

 各紙の記載フォーカスで上段から

 ◎⇔○、◎⇔×、◎⇔▲、・・・・・・等が並んでいる。レースに拠っては◎→○のオッズが◎→▲のオッズより高く何でだろう?の疑問を抱いてもおかしくない。レース次第では穴欄の×→△や×→注のオッズが1番人気になっていたりする場合もある。それだけでもこのレースが難解なレースで有ることが理解できる。担当記者の英断で少し無理なフォーカスを◎→○に格上げして男気を見せた予想と云えよう。

 予想は思い切り突飛なところから入る方式もある。予想と買い目は違っても当然である。予想は記者の仕事だから何かを表示しなければ職務放棄になってしまう。◎→○で推奨したからと云って担当記者が実際投票する保証は無い。その社の広告宣伝費だと社のお金で◎→○で車券投票する訳でもない。

 記載フォーカスなんて常識的レース読みをすれば大体こんな所だろう?記載順位もこんな所だろう?のいい加減と云うかアバウトなフォーカスの列挙に過ぎない!それを勝手に勘違いして有名なスポーツ紙○○スーポーツの本命→対抗だからとむきになって買い続けるほどの代物でもない。

 担当記者の一時の戯れ予想に貴方の大事な資金をつぎ込むことは無い。中には外れたら倍額の買い込みで元取りするから何て?聞きかじった倍々法を持ち出してみたり何処の世界も馬鹿は五万といる者だ。使用新聞の一押しフォーカスもその意味合いを読み理解しての相乗りなら許されよう。同じ◎→○でもレース毎に意味合いも内容もオッズも出現率も格段の相違があることを知ることだ。

   レース読み初心者編(4)

 ◎→○の意味

 一番強い先行選手の番手が勝ち易い位置だと云われる。従って先行選手の中から一番強い選手を探すことで人気ラインが決まる。ほぼ50%はレース読みが完了したとも云える。

 先行選手の力量(過去近況成績)が互角の場合どう判断するかは難しいがレースは生き物だし選手自身持てる能力を100%出し切って競走している訳でもない。

 一般人の仕事中と同じで何時ものように普通に自分の仕事を肉体と神経が一連動作で瞬時の判断で動いているだけだ。レース展開上好位置を占めた選手が普段の練習通り普通に仕掛けてタイミングさえ合えば頭に抜けてもおかしくないのがレースである。

 競走得点が何点上位だとかバック回数が3回も多いとか勝率が何%だとか数字比較はナンセンスな場合が多い。物価の価格と違いアバウトな数値が並んでいるだけだ。数学の解答数字では無く当然絶対的数字ではない。一定の方式で計算した数値には変わらないがこれからのレースに数字が100%表現されることは無い。判断材料の一つに過ぎない。

 競走得点が20点下位の選手が逃げ切っても捲くりきってもなんらおかしくないのがレースである。◎→○を作成する判断要素にはなっても並べられた数値通りにならないからとクレームはつけられない。計算上の数値には違いないからである。競輪学の個々の用語データー数値も全てアバウトな世界でただ偶然でも勝った人がそのレースの勝利者に過ぎない。1度の勝利手法が他のレース全てに当てはまることも無く偶然の世界に学問は不要だ。定理も法則も無いのが競輪レースである。

 一番強いと判断した先行選手の引っ張るラインを貴方のフォーカス世界にしてしまえば勝手にフォーカスは決まってくる。そして的中フォーカスの近くに貴方のフォーカスもある筈だ。

  (先行)-(指定席)-(マーク)-(追い込み)

 貴方の選んだ一番強い先行選手のラインが出来上がる。この(  )の中に印を入れれば貴方の◎→○が決まる。通常は◎は(指定席)になる場合が多い。思い切って(追い込み)に◎を入れたら万州(マンシュウ)車券だ。ぞくぞくして買ってみたくなるが通常は先ず来ない。

 

    (選手の位置とオッズ)

 

周回中の選手の位置とオッズの関係  1

  周回中の選手の位置とオッズとの関係。通常は出走する9選手全員に勝利する権利もチャンスも有る訳だから車券もイーブンに売れて好い。ところが過去の実績・直近の調子・周回中の位置・脚質・人間関係・ラインの数等諸々の条件を介しながらレースは繰り返される。表面上同形態のレースに見えても1つとして合致レースはない。たとえ9選手全員同一メンバーで走ったとしても1回目と2回目のレースでは何らかな違いを生もう。だからと云ってレース個々に読みを入れても仕方が無いが。一定のパターン化したレース読みを繰り返しながら抽出したフォーカスとオッズと選手と狙い目が合致した時のみ投票することに成る。
 

 (競輪投票が常態化していない面前の1個レース限りの人は別な問題だが・・・)

 一般的に選手の脚質は逃げ・追い込み・自在・捲り・先行・両・等・・・色々表記される。厳密に云えば同じ選手でもレースによって戦法は使い分ける出たとこ勝負だから脚質通りにレースで脚質を表現するとまでは云い切れない。逃げが後方凡走したり追い込みが捲ったり脚質の変更は日常茶飯事だ。
 次にレース展開上の位置関係だが出走9選手が点で走ることは先ず無い。ライン編成上仲間外れにされた選手のみ1匹オオカミで点で走る場合は例外でラインとは云えない。

 必ずしも脚質と一致する訳ではないが各グループに並びが生まれこれをラインと呼ぶ。僕は便宜上並びの位置関係を前から順に以下の様に呼んでいる。

  (先行)-(番手)-(マーク)-(追い込み)・・・・・ライン

 (先行)位置の選手は通常は逃げか捲りか自在の選手が担当する場合が多い。ライン内選手に動ける選手がいない場合捌ける追い込み選手が担当する場合も有るが・・・

(番手)以降の並びは選手間の人間関係や脚力順で流動的だが野球で云うところのポジションみたいなものだと思えば好い。

 レースに於けるラインの数によりレース読みは複雑化し生み出されるフォーカス数はラインの数に比例して増えると云えよう。
 (先行)位置を買って出る選手がいない場合は又レース読みは複雑化するが(先行)の居ないレースや4名以上と多いレースは初めから敬遠して、車券対象外レースとして見るだけにすれば好い。

   周回中の選手の位置とオッズの関係  2

  例によってラインを表示する。

 (先行)-(番手)-(マーク)-(追い込み)

 において(先行)と(番手)との脚力比較に成るが格や相手ラインとの関係や道中の出入り位置の取り合い等競争得点のみでは判断できない微妙な判断力を要求されよう。

 (先行)を脚力上位?格上?有利?と判断すれば(先行)へ◎(本命)印を打てば好い。自ずと(番手)が○(対抗)に成る。勿論(番手)が(先行)と比し脚力不足だったり付け切れないと判断されと他のラインの選手との組み合わせが①番人気になったり同一ラインの3番手4番手が①番人気に成ることも少なくないが、(先行)の仕事とはラインで連の独占を図ることだ。個人競技の前にライン競技だけに(先行)だけ勝てる走では(先行)としての人望を失いかねない。

ライン

 ◎(先行)-○(番手)-(マーク)-(追い込み)

 においてオッズをどう考えるかだがラインの数が幾つ有るか?他のラインの(先行)者の意志の分析等難しい面を含む。

 ◎(先行)が1車で(番手)競りなしのレースなら ◎→○で2 倍~4 倍程度か?裏で5 倍 ~11 倍 ?だがレースにより(番手)の仕事量を勘案して微妙にオッズの変動域は変わる。

 只云えることは幾ら堅そうに見えても2 倍~4 倍程度の◎→○を買えるか?と云う問題が起こる。2 倍フォーカスなら60% 以上4 倍フォカスなら30% 以上の的中率なり出現率なりの裏(保障)を獲れればいいが?恐らく発刊専門紙の◎→○の的中率でもこの数値には届かないと思われるのだが・・・・・?

 同じ考えに立てば裏のフォーカス○→◎の仮のオッズ5 倍~11 倍のオッズを買うか?の問題も起きる。当然5 倍なら25% ?11 倍なら10% 以上の的中率なり出現率なりのデーターの補償を必要とする。このブログの古い訪問者なら僕が何度も繰り返す定理をもって勝利する可能性が有るからだ。買い続けて勝ちきるフォーカスの条件。

  期待値=オッズ×(的中率%)>1・・・・・① 

①を守りながら投票することが必勝の条件であり研究・努力次第で的中率をアップ出来るかは貴方次第だしレースの厳選抽出次第と云えよう。

◎(先行)1車の補足として(番手)を2車3車と大競りに成る場合も有る。(先行)と同地区脚力上位者が基本的には○(番手)に成り易いが位置の無い地元老獪追い込み選手や遠征の強豪や若手番手売り出し中の選手が相手の場合は○の番手確保が難しくなる。○が獲り切っても他の競り込み選手が奪取しても差し込もまでは考えづらい。その場合のオッズ予想はメンバー次第(番手)主張組の脚力にもよるが

 ①番人気 ◎(先行)→○  3 ~4 倍  

 ②番人気 ◎(先行)→▲  3.5 ~5 倍  

 ③番人気 ◎(先行)→☆  5 ~7 倍 

 この程度の配当を向きになって買うかどうかは貴方次第だが的中率は激減するし増して

2種も3種も投票しては利益が出ることは有るまい。買うにしても必勝定理をクリァすることが絶対条件と云えよう。

 周回中の選手の位置とオッズの関係 3

  (先行)1車を考える

(先行)1車のレースでも(番手)選手が圧倒的格上?脚力上位?で番手無風状態なら勿論◎(番手)も保証される。この場合は3番手(マーク)の位置まで競りの対象に成る場合が有る。

 (先行)-◎(番手)-(マーク)・・・ノー競りの場合・・・・・(イ)

 ○(先行)-◎(番手)-(マーク){競り有り}・・・・・(ロ)

 (イ)の場合
 ◎(番手)選手の気持ち次第で(先行)に○(対抗)印をつけるか(マーク)に○(対抗)付けるかだが◎(番手)選手はレース前オッズ情報から◎→○で決定しようと努力する筈である。

  ①番人気◎→○  3 倍 前後  ②番人気◎→▲  5 倍 前後

 (ロ)の場合
 通常は(先行)に○印(マーク)位置の競りの勝者を期待して▲が着く。

  ①番人気◎→○  3 倍      ②番人気・③番人気と5 倍・ 6 倍と続こう

 要するに先行1車のレースを幾らラインをいじり回しても目玉フォーカスが作れる訳では無く所詮印で云えば◎→○ ○→◎ ◎→▲ 位置で云えば(番手)→(先行) (先行)→(番手)  (番手)→(マーク) オッズで云えば3 倍前後から5 倍程度裏目で11 倍のフォーカスを想定内フォーカスと抽出してもレースは生き物だし他のフォーカスで決定する場合も多い。

 でたらめに買っても負け想定内フォーカスを合理的に買っても時々的中させながらも負け続けて行くのが競輪投票に過ぎない。それでも止められないのなら想定内フォーカスを買い続ければ時々は的中するだろう。3本も買っては的中して元取り外れては丸損を繰り返しながら永久に負け続くことになろう。

  

 (先行)2車とオッズの関係  4

 (先行)が2車に成るとラインが2に別れて出来る。(先行)両者の脚力・実績・格・近況等から上位と思われる方を(先行1)他方を(先行2)とし各ラインの(番手)-(マーク)に数字を打って各ラインを以下の様に表じると

  (先行1)-(番手1)-(マーク1)・・・・・ライン①

  (先行2)-(番手2)-(マーク2)・・・・・ライン②

 (先行1)が(先行2)より力上位或は人気上位だと自ずと(先行1)のグループが人気ラインに成る。次はライン別にフォーカスを考えることになる。

 (1)ライン①において(先行1)が◎の場合

  (先行1)と(番手1)の力関係だが互角以上なら(先行)有利の原則から(先行1)は当然
◎印となる。

 ◎(先行1)-○(番手1)-(マーク1)・・・・・ライン①
 の場合相手ラインの力量や展開によりオッズにも動きは有るがラインが2個と云う点から(先行)1車のレースよりオッズ数値は上がる。スジだが
◎→○  4 ~6 倍 、 ○→◎  8 ~11倍 、○→(マーク1)  15 ~20 倍 程度か?

 レースの出入りまでレース展開を広げて考えればライン②との組み合わせで◎(先行1)→(番手2)や◎(先行1)→(マーク2)のフォーカスやライン①内でも◎(先行1)→(マーク1)は盲点に成り易い。目安オッズを並べれば
 (先行1)→(番手2) 15 倍  (先行1)→(マーク2)  30 倍 

(先行1)→(マーク1) 22 倍以上なければ車券は買えまい。

 (2)ライン①において(番手1)が◎の場合

 (先行1)-◎(番手1)-(マーク1)・・・・・ライン①

 ◎(番手1)→(先行1)  4 倍前後  ◎(番手1)→(マーク1)  8 倍前後

 (先行1)→◎(番手1) 13 倍   (マーク1)→◎(番手1)  25 倍 

 ライン②との組み合わせなら

 (番手1)→(先行2)  18 倍   (番手1)→(番手2)  25 倍  

  (番手1)→(マーク2)  40 倍 

長々記して来たが思っていることの半分も表現できない。図解スペースをより多く取り入れて記すべきなのだろうが僕自身の根気も失せる。アクセス頂ける方の要望でも有れば別な機会に続編を記したいが・・・

 現在(先行)2車のレースのライン①のみに関し説明を終えた段階だがライン②側からも同様なフォーカスが作れオッズはライン①側から作成するフォーカスの3割増と行ったところか?

   周回中の位置とオッズの関係 5

  先行2車の考え方

 僕の偏執的な競輪談議にお付き合い頂くだけでも大変なことだと察し話題を変更しようかと思ったのだが競輪も3月一杯の中止に踏み切り次回開催までに競輪と己の車券術をじっくり考え直し4月開催に向け輪力を磨きさらにパワーアップして以後のレースに立ち向かう絶好のチャンスに代えたいと今迄通り更新を継続したい。ご訪問頂ける方だけで結構です。変わり映えしない妙味ない駄文にお付き合いください。

 (先行)2車のレースにおける

 第①ライン

 (先行1)-(番手1)-(マーク1)・・・・・ライン①に関しては急ぎ記述を終えた。
 

 次は当然ライン②に移る。

 (先行2)-(番手2)-(マーク3)・・・・・ライン②

 2分戦にあって(先行1)と(先行2)と実績・脚力・勝利度数等比較しても何ら甲乙付け難いにも拘わらず一方的に(先行1)へ人気が先行する場合が有る。プロ野球でいえば斉藤佑樹?競輪なら深谷智広なら先ず実力以上に人気が先行しよう。僕はこう云うレースを勝負レースと思ってライン②から買うようにしているのだが?

 ①本線の車券は1本も買わない。

 ②(番手2)→(先行2)、 (番手2)→(マーク2)からオッズの大きい方を1本で行く。

 オッズ 20 倍以上なら先ず飛びついている。30 倍以上ならさらに気持ちが高ぶる。20 倍以下なら休む。

 村上義弘や山崎芳仁・深谷知広が強い事は知っている。だからと云って彼等から車券は買えない。僕は当てに行ってる訳ではない。お金を儲けたくて車券投票を繰り返している。20レース30レース連続で外しても仕方が無い。リスク無きギャンブルは成立しない。競輪も同じだ。最終的には当てながらやられ続けるか?外し続けで負け行くかの違いだが本線勝負が前者!別線勝負が後者に成るが共に負け続けることに違いは無い。云えることは時々的中するだけに負ける金額が大きいのは前者的中することが無いだけに投資金額も少なく大敗が少ないのが後者。所詮競輪何て1年 に1度位1点で当てにっこりする程度の所帯博打に限る。

  周回中の位置とオッズの関係 6

  (先行)3車の考え方

 (先行)と云うと逃げ選手を考えやすいがラインのトップで戦う(走る)選手の総称を(先行)ポジションと表現したい。捲り1本だったり(番手)or 3番手に飛びつき実質(追い込みor 捌き)選手まで含めた表現のつもりであるが最初は単純逃げ選手3車から考えたい。(先行)3車の脚力(or 人気)順に1・2・3と数字を打ち同一ラインの(番手)、(マーク)選手にも同じ数字を打てば次の3のラインが出来る。

 (先行1)-(番手1)-(マーク1)・・・・・第①ライン

 (先行2)-(番手2)-(マーク2)・・・・・第②ライン

 (先行3)-(番手3)-(マーク3)・・・・・第③ライン

どうしても本線から入る人は第①ラインから入れば好い。相手ラインとの比較に成るがオッズ2 ~3 倍程度の車券まで買う気に成るかだが同じオッズならラインが少ない(先行)1車の時にのみ低配当を狙えばリスクは少ない。

 ラインが幾つに別れようとラインの相前後する選手同士を結びつけるフォーカスが基本となる。⇔(裏表)印を使えば下の9点がスジの基本フォーカスとなる。

 (先行1)⇔(番手1)、(番手1)→(マーク1)

 (先行2)⇔(番手2)、(番手2)→(マーク2)

 (先行3)⇔(番手3)、(番手3)→(マーク3)

 輪歴2年も有れば誰でも1度は考える想定内フォーカスだけに高オッズは期待できない。但し時々スジにも拘わらず異常な高オッズを点灯させることが有る。その場合は何で?と理由や情報を得た方が好いが(先行3)⇔(番手3)で5桁配当に成る場合もあるから狙い目でもある。

 競輪はラインを形成して周回するレースだけにスジの車券を買っていれば途中までは安心してレースを見て居ることが出来る。だからと云ってスジで決まるレースは少ない。上記スジ全9種の車券でも10レースに1回的中すれば好い方だろう。スジの車券を覚えたからと云ってスジ車券全種投票しても儲からぬ訳である。1フォーカスあたりの的中率なんて1%以下だと思って投票することだ。

 ライン①のフォーカスとオッズ

 (先行1)→(番手1) 7 ~10 倍 (番手1)→(先行1) 8 ~12 倍

 (番手1)→(マーク1) 15 ~22 倍

 ライン②のフォーカスとオッズ

 (先行2)→(番手2) 9 ~13 倍  (番手2)→(先行2) 10 ~16 倍

 (番手2)→(マーク2) 20 ~30 倍

 ライン③のフォーカスとオッズ

 (先行3)→(番手3) 11 ~16 倍  (番手3)→(先行3) 13 ~20 倍

 (番手3)→(マーク3) 25 ~35 倍

 長々とスジのフォーカスとオッズの関係を記述して来たが幾らオッズが35 倍有ると云えども的中率(出現率)が1%以下では必敗法に過ぎないのだが何故なら期待値計算から

 期待値=1%(0.01 )×35 =0.35 <1 で継続する投票としては勝ち目が無いからである。

 1回限のまぐれ狙いの投票ならどんな狙いでも勝手だが職業として連続した恒常的投票を繰り返す以上必勝法存在しない。

 周回中の位置とオッズの関係 End 

 
戦後復興の一翼を担い隆盛した競輪王国の復活のチャンスでもある。明日の生命の危機?今日の糧の当て?生活の保障?等・・・一切を自力で合法的に解決する手段に?競輪が光明を射す一瞬がある。さらに生活破綻を肥大させるだけであっても?夢も希望も生きがいすらも失う途上の復興者達に一瞬の僥倖?として・・・

 選手の位置とオッズの関係を続けたい。

 3分戦の考える。

 (先行1)-(番手1)-(マーク1)・・・・・・第1ライン

 (先行2)-(番手2)ー(マーク2)・・・・・・第2ライン

(先行3)-(番手3)-(マーク3)・・・・第3ライン

 先ず大金を欲しければ(マーク)の位置から高目オッズを探すことだ。レース次第だが7桁配当は探しても存在しない場合が多い。3連単7桁配当を1点¥100 投票し的中すれば人生が変わる。人が変わる。運命が変わる。全競輪場を見渡しても1年に1回出れば好い!先ず巡り合うことはなかろう。

 6桁配当なら可能性が一段と高くなる。(マーク)のポジションからスジ違い(他のライン)選手を結びつける。これも3連単の領域となろう。当たるかは運次第神のみが知る。

 5桁配当なら1日1回は出現する。これも3連単で探す方が該当フォーカスは多くなるがその分1点で厳選するのは困難だ。

 4桁配当と5桁配当の境界?オッズで云えば60 ~100 倍なら2連単賭け式で探せる。的否は保証できないがスジ車券を外しラインを超えて選手を結びつけて己の欲するオッズを探す。希望金額とオッズが合致したフォーカスを狙う。

 通常は第1ラインのスジ車券で60 ~100 倍以上ホーカスを探すのは困難だ。(先行1)や(番手1)の頭から狙えば薄目に抜ける場合該当フォーカスを見つけることも可能だが第3グループからならスジのフォーカスでも60 ~100 倍超えフォーカスに成る場合もある。

本線の人気印から他のラインの薄目フォーカスを探すか第3ラインからスジの高オッズを探すかだが出走9選手甲乙つけがたい脚力逼迫混戦レースに有ってはオッズ自体格差が生じない場合が有る。ラインの相前後する選手同士の組み合わせ9種のフォーカスが全てが10 ~20 倍を推移する場合が狙いにくい。僕はオッズ互角なら本線から入りオッズに格差が着けば着くほど第3ラインから入る。

 ①第3ラインのスジ車券から60 倍以上フォーカスを探す

 ②(先行3)から70 倍以上フォーカスを探す

 ③(番手3)から80 倍以上フォーカスを探す

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こんなことを繰り返しながら穴の1本に絞り込んでいるが所詮儲かることは無い。但し\100 の車券を1点しかも外れ続くと中断・休憩を入れる。大敗だけは避けられるが連勝もないし大勝ちもない。残念ながら既に車券師として枯れ切っている。

 

« 競輪投票総論(3) 副読本 | トップページ | 競輪投票総論 (5)副読本 »

競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 競輪投票総論(3) 副読本 | トップページ | 競輪投票総論 (5)副読本 »