美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士
無料ブログはココログ

漢字検定問題無料サイト

ある阿呆の叫び

« 2009年10月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年1月 1日 (金)

2010 年1月・2月・3月・4月・5月

   (辞められない訳)  

 競輪は長い目で見れば当てながら負ける人と外しながら負ける人の2種しか有りません。資金に余裕のある方は自ずと多点張りになり易く当たるけどトータルで負けてしまう前者、資金に余裕のない方は自然投票フォーカスを絞り過ぎて外しながら負けていく後者に当たろう。自分のスタイルだし行き着く先が同じ終点(負け)となるわけだから勝手にどうぞsign03と切り離したいが、出来たら推理のみ、レース読みの段階で終われば損得も関係なく利潤追求をする必要はなかろうdown。考えるけど車券は買わないdown。応援するけどお金は賭けないdown。プロ野球・サッカー・箱根駅伝・マラソン・M-1・K-1だって誰が優勝するかどのチームが優勝するか考えるけどお金まで賭けないので娯楽として扱われるsun。競輪もファンが全員誰が勝つか考えるだけで車券を買わないで一定の距離を保ちながら接していけばファンの実害はなくて済む。自ずと競輪事業は成り立たなくなるが現在だってファンの生活費を犠牲にした資金で投票は続けられているdown

  ほぼ365日競輪投票を繰り返しながら実生活に支障をきたしていないファンは居ない。低額年金爺様の僕は予想はするけど車券は買わない方式の生活に徹する1年にしたいと思っている。昨年も217日間断輪を実行した。何時でも断輪に入れる自負がある。売り上げアップに背く様だが予想だけdown観戦だけdown能書きだけdownブログだけdownこのスタイルに変えて行きたいと今は思う。

 各レースを個体と考え各レース毎にプラス・マイナス決済完了と考えるタイプなら次のレースに前回のレース結果の影響は受けないだろうが複数レースで収支決済する方式を採る以上前回までの損金を念頭に置く投票スタイルをとらざるを得ないdown。  面前のレースにおいて前レースまでの損金とこのレースの投票金額を合わせた金額が原価となりそれに利益を上乗せして見積額は決められて行く。遊びの入場料や飲食費的考えで車券購入する人には理解できないであろうが、今月既に¥10万負けているとする。これから買う車券で¥10万以上の払戻金を受けようと努力するのが常習化したファンの心理である。今月の損金¥10万を気にせず又改めて1から買い始めるタイプでは競輪の常習家には成り得ない。

 競輪の売り上げが激減し改善の見通しも立たないと云う。何故かsign02常習型のファンを作らないからだ。不況で仕事はなく失業者も5.2%を占めると云う。この連中を競輪場に呼び込めば問題は解決するsun。競輪で儲けない限り金儲けの道はないとsign03底を外すのである。だってハローワークへ行っても職業の紹介が出来ないのだろうsign031人採用予定の求人先へ5人も6人も紹介するだけでは職にも有りつけない。競輪場へ行けば儲けられるとなれば失業者は押しかけて来る。

 僕等の若い時代は仕事がなければ売血してでも競輪場へ押しかけたけどdown今は派遣村や炊き出しまであると云う。不況と競輪は緊密な関係で隆盛してきた。少なくても戦後の日本を下支えしたsun。その競輪が切り捨てられそうな時が来ている。不況に強い競輪sign03仕事のない人の為の競輪sign03その日にお金が出来るかもしれない競輪sign03キャッチフレーズなら一杯ある。常習化した競輪ファンを作ることが先決だ。少なくても僕はそこから始めた競輪だ。故に辞められないのも当然だ。

   (車券を買う前に)

  的中車券を捻り出すに展開分析から脚力・人気・実績 ・格・データー・体調・近況・・・・・・・・等資料は幾ら有っても有りすぎることもないが高が10倍前後のフォーカスを搾り出すに考えすぎても仕方が無い。幾ら考えコンピューターに決定をもたらすであろう要素を網羅し入力した所で数値上の可能性あるフォーカス順が出るだけで決定フォーカスではない。所詮全フォーカスを買う以外に的中は無い。そこでオッズと見あいを計りながら手ごろな車券を手ごろに投票することになる。

 リスクの無い競輪は存在しないしリスクは承知で投票することになろう。街頭芸人におひねりを上げる心境で小銭をおもむろに懐から出す。この程度の小銭で車券は買わねばならない。本来なら高額納税上位者?数名程度の戯れ遊びなら1レースに何万も投票しても構わないだろうが現実は貧乏人・無職者・無宿舎・逃亡者・犯罪者等世を忍ぶ者のなけなしのお金が浄財の9割を占めよう。それでも今日中にこのレースまでにと急かされながら貧乏人の全財産に近いお金が競輪投票資金となっている。

 高額納税者など場内に一人もいない。居るとすれば選手と天下りした職員ぐらいか?

 年収¥300万以下のファンを締め出したとしたら出場選手108名にお客3名何て現象が起こるであろうdown。競輪場何て派遣村以下貧乏人の吹き溜まりであるsun。それだけにいい加減な車券は買えない。先行1車のレースが有る。これも厳密に云えば先行選手のさじ加減でどうにでも差配出来る。もっとも他の同乗選手との人間関係等複雑な理由があり勝手に走る訳にも行かない。競輪は全てにアバウトな要素が折り重なって絶対手は存在しない。当てに行っても当たらない当てたくても当たらない。いい加減なゲームである。

 少なくても貧乏人の運命を!命を!懸ける対象物ではない。出来ることなら入場門で入場者の所得証明か納税証明書の提示を求めたら好い。可哀相だが納税対象以下所得者ばかりだろう。車券一枚¥100の投資すら無理な連中だ。子供手当てどころか車券投票手当てでも支給した方が好い。手当て額の何倍ものお金を捻出して持ち込むだろう。

 それだけに車券は最低金額¥100券一枚1点で買うのが理想である。3連単504種を考えると好い。全フォーカスを投票し的中しても503種の無駄金を投資することになる。もっとも貧乏人車券師で504種も投票し戯れる余裕あるお金持ちは居ない。又反論もあろうが・・・?1点では当たらないから2点3点4点・・・・・・と種類を増やすのだとsign02それでも通常各レースの決定は1フォーカスだ。同着の確率なんて0.1以下の話だろう。2点以上投票する気が有るのなら2個以上のレースに分けて1点で2個レースへ投票を繰り返した方が得策である。2点の場合を考えると好い。1個のレースに2点投票すると的中したとしても1点は無駄金になる。2個のレースに分けると2点とも的中する可能性を秘める。少なくてもレース前まではsign01故に1点を勧める。

 貧乏で本来なら車券投票を繰り返すほどの立場に無い貴方です。僕は貧乏人は家庭を持つなsign03子供を持つなsign03を前提に車券投票を繰り返してきたsign02その前に大事なことを忘れていた。貧乏人は車券を買うなsign03これを座右の銘にせねばならなかった。今では遅すぎるが。貧乏人は車券を買うな貧乏人とは貴方のことを云う

  (述懐)

  ここ車券の絞込み教室を続けてみた。車券は何を買っても勝手では有るが他のスポーツと思い入れが違う。団体競技ならチームを個人競技なら特定な選手を応援すれば済むがこと競輪は単純にラインを応援したり特定選手を応援することは無い。幾ら入れ込みの激しいお父さんでも負けこんで残金¥100しか投票資金が無い場合。オッズ5倍の武田豊喜→神山雄一郎へ投票するだろうか?恐らく起死回生狙ってとんでもない高配当の車券をひねり出して投票する筈である。少なくても僕はお金目的の競輪である以上純粋に選手やラインを贔屓にすることは無い。九州出身の僕は条件が互角なら九州勢を狙ったり現住所の神奈川勢から入ったりするが何にもまして儲かるか?利益が出るか?が最優先事項である。

 従って人気ラインより穴ライン人気選手より人気薄選手へ肩入れしてしまう。過去の強豪選手でも殆ど取らせて貰った記憶が無い。強い選手は人気になり自然低配当な車券になってしまうから外して買うからかもしれない。初日2日目と脚色が好いと3日目は人気になってしまう。それでもその選手を追っかけるだけの純粋競輪選手ボケではなくあくまでお金儲けを追いかけるお金馬鹿に過ぎないのだろう?。

 S級S班だと誘われてもお金儲けの対象にならねば見向きもしない。だからと云って高給待遇の仕事を提示されても引き受けないだろう。競輪・車券を通しての金儲けには興味も湧くが純粋労働で金儲けするキャリァは無い。車券投票で金儲けをしたいだけだ。本線本命を消して金儲けをしたいだけだ。オッズ2倍以下のフォーカスで金儲けできるだろうか?2車立て競輪があったとして儲けられるだろうか?資金が¥1千万有ったとしても受けてくれる相手が居ない。現在は各レースの総売り上げ高がしれている。各場の総売上高から逆算してみると好い。金儲けしたい程の市場じゃない。賭け式に拠っては数万円の世界だ。サラリーローン以下の世界に金儲けを夢見る愚かさ。こんな世界に金儲けの夢を託した人生だった。少子高齢化は進み愚か老人の競輪敗残者の吹き溜まりの世界。こんな場で金儲けは出来ない。

 悲しいかな競輪での金儲けは異次元の夢の結末になりそうだ。

  (最後の歯止め)

  昨日は「金持ちに売れ」と題した。時の流れに身を任せ、ただ漠然と衰退していく様を見るだけでは加速するだけで何らかの企業努力せずして浮上する道はない。昨日の和歌山競輪最終日¥2,316,934,700 トータルで売り上げたらしい。他の競輪場他の競輪選手を休ませて全11レースでたたき出した数字である。大半が電話投票かインターネット投票分であろう。僕の金額は¥100も入っていない。自分で自己呑み屋を開設し目の前の空き缶へ投票金額は積まれていく。パソコン代を稼ぎたくて実戦投票したいのだがしなくて良かったsun。昨日の結果では惨敗の山をさらに大きくしただけのことになる。自己呑み屋の効果が出ている。自己呑み屋では賭博罪にもあたるまい。

 他の一般スポーツなら選手がスターでありお客様は単に憧れの対象に酔う子供が主体になる。イチローみたいになりたい。ベッカムみたいになりたい。石川遼君・・・・・・等々好きになるのは結構で選手関連商品を集めてみても人生を棒に振るほどのめりこむことはない。競輪は博打で有ってスポーツではない。競輪選手を夢見て車券を買う子供はいない。神山雄一郎みたいになりたいup海老根恵太みたいになりたいup子供は居たとしても平日の真昼間から競輪場へ出没する子供は異常である。選手以上の年齢層でなる老人ファンで幾ら年齢の制限枠を取り外したと言ってもこれから選手を目指す競輪投票家は居ない。競輪の場合スターは「お金」である¥1万の札束である。レースの勝者より当該レースで金儲けしたファンの方が憧れの対象になる。言葉を代えれば競輪の場合スターは選手ではなく競輪投票したお客様の中にしかも儲けを出した的中者の中に居る。ここに脚光を当てずして競輪の隆盛は考えられない。大相撲の賞金ではないが幟を立てて多くの懸賞金がつく。1本¥6万とか噂の段階で確認していないが・・・・

 ただし大相撲の場合賞金は勝ち力士へ渡る。これを捩って競輪の売上金の中に企業協賛枠を設け多くの企業へ働きかけるのである。実際の売上金にこの協賛金額をプラスして払戻金を計算するのである。当然車券投票家の的中者へ還元されることになる。社名の付いた協賛レースや副賞賞金も選手へdown選手へdown・・・・と流れて行くだけでは競輪投票家は先細りするだけの運命になる。ファン還元が急務であろう。法的規制の云々は知らないが先ず競輪協賛企業の参加募集からはじめれば好い。各国大使館の副賞枠だってこの売り上げ金の別枠にはめ込めば好い。さらに国際化し競輪衰退の歯止めになると思うのだが・・・

 

    (貧乏神)

  現行の競輪では売上金の25%が控除され残りの金額を的中票数に振り分けられる仕組みになっている。仮にお客様が貴方一人で総売り上げの全額を投票したとしたらレース間の約30分間に¥100万の投票なら¥75万に化けて払い戻され、さらに払い戻された¥75万全額を次のレースへ投票したとしたら¥56万2千5百にと1時間余りに約半額になってしまう代物である。あのサラ金でも利息制限法の上限規定を守れば¥100万以上の金額で年15%の利息で頭打ちである。ところが競輪投票家の世界では1時間で約¥45万もむしりとられている計算だから酷いdown。この過酷な労働条件の下sign02、僅か¥1万足らずの元金で日額数万円の利得を上げようなんて虫の好い話で御伽噺の世界にでも入り込んでしまう愚か競輪投票家達であるsun。銀行預金の金利では新生銀行の1年もの¥100万預け入れでは1%程度で税引き後なら¥8千の世界。預金種類多く一概には云えないとしても¥100万を元手に年¥1万弱の利益が世間相場。それに逆らって¥1万元手に1日で¥10万以上も利益を上げようの魂胆が定職も満足にない競輪投票家達の本心sun。矛盾に矛盾を重ね今更解っちゃ居るけど引き返せない阿呆で貧乏人投票家に未来も夢も現実すらないdown。黄泉の世界に競輪場が有るか知らないがクソの役にも立つまい。僕は自己呑み屋を開設しているから実際の損失はないが各競輪場2日目準決勝戦が多い。主力選手が3個レースに分かれてのレースだけに順当なら穏当に収まりそうだ。それだけに穴ラインは筋でも高配当になる。通常は特選組みを軸に予想すれば大きく外す事はない。オッズが気に入らなくても買う人は買う結果的には馬鹿を見るのだが今日中に金を作らねばと背中を押されている。誰が押しているのかと振り向くと何時もの貧乏神の姿が見える。

  (確定申告シーズン)

 確定申告のシーズンです。こんな時は高額納税者の上位ランキングに少なくても競輪投票家を10名ぐらいは送り込みたいものです。今年の最高額の方は競輪投票家のS氏でその金額は¥60億×××・・・・とか報道されると僕ら阿呆の競輪素浪人の溜飲も下がろうsun。実際はまるっきし逆で競輪車券購入金額の嵩なら自慢の方も多かろうが恥ずかしくて全て胸の内で、心ひそかに悩むだけのことでしょう。出来たら所得から控除される項目にsun「競輪投票金額控除」sunでも有ると助かる人ばかりで残念な話。収入の半額以上を車券投票に充当されている方もいるのではsign02人生で最高潮の競輪熱に魘されている方なら当然でしょう。収入金額の全額を1度は車券発売窓口を通して洗浄しないと落ち着かない位のめり込む時期があってもおかしくない競輪の魅力?気付いても後戻りできない老境に入っては突き進むしかない。貴方の僅かな1票が競輪関係者の生活を救う!

 虚しいが何時しかその程度の希薄な習慣の継続のため・・・愚か人生の終結は接近する。

 オッズにも拠るが買い目は猫の目のように変わる。基本予想は誰が予想しても変わらない。推敲に推敲を重ねて最後に窓口に入れたフォーカスの違いだけ。運次第。全種投票する人を除きTPOで何を選んで買うかの違い。当たる人も外す人も競輪の上手さは皆同じdown

      

 (雪の日に思う)

 雪の日、今日の競輪は開催されるであろうか?今のフアン如何にして開催か中止かを知るのであろうか?40年も以前ホームレス系競輪素浪人はターミナル駅構内で中止か開催かの掲示の貼り出しを待って行動した。本職を競輪投票家と思い込んでる節がありお金と時間さえあれば最短の開催競輪場へ駆けつけていた。主催者側も少々の荒天では略開催してくれていた。どうかすると開催中止を協議する前に多くのファンが押しかけていたせいもあろうが、バンクの雪を洗い落として開催するのである。何度もこの光景に立ち会っているだけに何処の競輪場も同様の努力をして殆ど開催に踏み切っていた。携帯のない時代である。パソコンもない!電光掲示板もない!駅構内新聞売りのおばさんは僕らより職業柄情報通であった。急に中止にされても僕らは働く当てはない。日銭を稼ぐ場?仕事場のつもり?で競輪場へ押しかけているのである。交通費もかかり中止後の行動の当てもない。当然皆で開催本部へ押しかけ取り囲み本部を固める警備員の一群とやりあうのである。

 「中止にするのなら日当を払えsign03交通費を払えsign03職場を休んで来てるんだsign03・・・・・・・・・」口々に思いつく言葉でののしり開催を要求したものだsign03

 だって定職はないし勤務先=開催競輪場のつもりで居たのだから驚く。当時はファンの暴動化を恐れて時々薄謝を包む競輪場が話題になった例も有った。みんな競輪ファンも若く元気が有ったsun。命がけで競輪をやっていたsun

 余ったお小遣いからレジャー遊行気分で競輪をやるsign02そんなファンなんて一人も居なかったであろう?。結果的には惨敗を繰り返すのだが僕を始め競輪を本職と思い込んでいた。金がなくなれば日払いの仕事に従じ金さえあれば競輪場へ駆け込む。おかげで正式に仕事に定着で出来ない。転職を厭わない。俺には競輪があるさ!この考えで人生をわたって来た。今になって年金の受給が少ない。自暴自棄だが仕方がない。これも人生!サラリーマンも人生!

   

  (予想と投票ホーカス)

  雨の日、多くの競輪ホームレス達は如何に過ごすのだろうか?競輪場へ行って車券を買いたい気持ちは誰にも負けないが肝心のお金がない。仕事がないのが実情であろう?

 恐らく競輪ホームレスを相手にしてくれるノミやでも居れば救われるだろうが友達は居ない。携帯所有の友人やパソコン使う友人は先ず居ない。パチンコパーラーかネットカフェで凌ぐか他の近隣開催ギャンブル場へ逃げ込むしか方法はない。

 平日の真昼間から仕事をしろsign03の思いなら競輪命の真の競輪ファンを追い出してしまっているのではなかろうかsign02勿論川崎始め多くの競輪場、場外車券売り場に協賛して貰い車券発売しているとしても一場開催方式の弊害が出ようと云うものだ。無宿者や失業者の日銭稼ぎの戦場をお金持ちのレジャーや行楽の場へ移行したいのだろうがsign02こんな馬鹿な遊びに手を出すお金持ちや打算に敏感な定期就労者は先ず居ない。

 現行の方式ではどんどんファンも売り上げも競輪から離れて行きそうだ。僕は幸いインターネット投票の出来る立場にある。競輪ホームレスから身を立てここまで成功した一人である。僕の居住地から最短の静岡場外となると川崎、京王閣、平塚が等距離に当たろう。交通費片道約¥600を要す。入場料と昼食代、新聞代を計算すると¥2千を超える。この他に車券代が必要になる。低額年金の身で家賃払って飯食って365日車券投票する金は車券で勝ち続けない限り無理。

 そこで年初から自己ノミやを開設し自分のお金を自分で飲むことにした。デスクに空缶を置きその中に車券購入分を投下する予定で始めたのだが後でまとめて入れる積りがまだ1円も入っていない。既に1ヶ月は経過している。今日も静岡競輪全11レースを1点で予想した。計¥1100入れる予定なのだ・・・・

 予想と実投票フォーカスは自然と異なる。単純予想なら損得抜きにオッズも考慮に入れず何点でも予想を立てれば好いsun。当たる回数も多かろう。実投票となると利益を目標に買わねばならぬ。第10レース終了時点で¥1万損金が出て残金が¥100だとする。ここでオッズ2倍を¥100券1枚買う馬鹿は居ない。予想とは別だと僕なら160倍以上のオッズを探す。的中した時点で1日分の損金¥1万と11レースの投票金額¥100に日当分を上乗せせねば車券を買う意味がない。2連単の中になければ3連単から選べば好い。多分外して¥10100の損害になろうが?自己責任だ。予想と投票フォーカスは当然違う。

  (オケラ人生)

 今日は全国12会場で競輪が開催される。それだけ金儲けのチャンスがあろうと云うものです。1場11レースとしても131レース(12×11)から自分好みレースを選んでどーんとお金を突っ込むsign03即金作りを夢見ながら?ぞくぞくするぜsign03直ぐに潰えるはかない夢?未だ見たこともない巨万の富upローマは1日にしてならずdown競輪は3分で金を作るhappy01おじ様色々夢想する。

 御託は勝手にほざくが好い。要するに1日131レースから得意レースを厳選しよう。銀行レースが好きならば◎→○で勝負だろう。先行1車のレースが好きなら先行逃げ切りレースに絞れば好い。先行選手は自分の距離から発進する。逃げ切る場合が多い筈。先行→薄めで5桁配当も珍しくない。2分戦が好きならば本線つぶしの先行選手を探せば好い。穴ラインの番手→マークで20倍はある。裏なら(マーク→番手)40倍は珍しくない。本線つぶしの為に穴ラインの先行はバック線をゴールに見立てて先行する。番手が押し出されて交わしの交わしで決まるケースも多い。3分戦、駒切れ戦が好みなら最終マクリが決まりやすい。最低人気、最低競争得点選手の土手まくりが決まる。まくり→マークで十分だ。

 今日は最終日決勝戦が多い。地元選手に花を持たせるのがわが国の風土。選手とて同じこと。祝勝会の宴席は既に予約済みだろう。狙いのないときは地元選手からは鉄則。

すべて能書きを組み込んで頭を使いup時間を使いup金を使いup神経をすりつぶしてdown負けて行く貴方の姿が見えてくるdown。オケラ人生rain見てるだけなら面白いwobbly

  (スターは一万円札)

 未だ初日は番組編成委員の人為的計らいで出走表作成にも地域性脚質性を考慮した構成が可能だが勝ち上がりせいの最終日ともなると肝心な目玉の看板選手が1人減り2人減り・・・して優勝戦のメンバー自体にこれが全国売りの決勝戦?と疑問符の付くメンバーでお茶を濁す日も多い。地元選手地元地区皆無のメンバーだったり特選組み皆無状態になったりで全国の競輪ファンの意向を無視した押し売り押し付け販売レースじゃ自然ファンも遠ざかる。他の消化レースと惨めな優勝戦メンバーで「さあsign03買えsign02」と押し付けられても「さあsign03綺麗どころが揃っているよsign03」とばあさん厚化粧のホステスを押し付けるあの手のキャバレーを思い出されその気が失せる。目玉選手は体調管理も万全に取りこぼし無きレースが要求されよう。僕らファンはS級選手を見たくて車券を買うのではないdown。金儲けしたくて車券を買うのである。儲けられそうなupレース展開の読みやすいup金儲けの対象になるupレースにお金を賭けるのである。選手AとBしか考えられないレース(A⇔B)何て押し付けられてもお断りだ。少なくてもライン3個以上で出入りの激しいレースが買い目が多くて好い。未だ初日は一極集中の1場開催でも全選手に優勝の可能性があるから好い。最終日は優勝戦以外は消化レースに過ぎない。それだけに優勝戦日は他の同時開催競輪場は多いに越したことは無い。ファンは多くのレースから金儲け対象レースを厳選して車券を買うのだからsign03。他のスポーツと競輪の違いはスターは一万円札だから 

  (とんでもない人生)

 レースは大胆・明確・簡単に読み決断し投票するが良いsun。外したら外してから投票技術を考えれば良いsign03。予想は幾ら深い読みしても堂々巡りするばかりで精度が上がる訳ではないdown

 資金の割り振りが損得の分かれ道になる。予想は一瞥予想もコンピューター予想も変わらない。同じ要素と同じ展開を材料に人の思考は変わらないdown。勝敗に格差が出来るとすれば買い方(資金のフォーカスへの割り振り)次第だsun

 的中率は1フォーカス毎に考えるべきで1本予想も2本予想も・・・同様に評価すると全フォーカス予想で100%的中なんて云い出すお馬鹿な連中が生まれてくる。5桁配当を1本やりも居れば◎→○サイドを5本も予想する人も居る。これを同率比較は出来ない。競輪は的中率比べの遊びではない。幾ら儲けたかが問題だ。回収率何て考え方もあるようだ。これは始めから負け戦の考え方だ。野球なら元金も賭けず打率3割でスターで通り億の金を稼ぐsun。競輪は回収率100%でも威張れない。まして70%前後の回収率ではとんでもない人生になってしまおう。

  (データーオタク)

 ところで競輪の結果を綿密にデーターをとっているでしょうか?競輪場毎に、◎→○の出現率、平均配当、◎→○の連続不出レース回数。◎→○の2回連続出現率3回連続出現率等諸々のデーターを個人用に作成していれば迷った時の一押しで自信を持って投票出来るでしょうが?最近では本心どんなデーターでも利益は生まれないと思っています。選手の個人別データーをいくら綿密に取ったとしても単なるマニアの域を出ません。選手も刻々変化しています。全て過去のデーターに過ぎません。データーを取る対象レースが多ければ多いほど正確な平均値が出る錯覚に捉われそうですが、1年2年前の数値まで取り入れて平均値を出してもこれから走るレースに何の影響も無いと思います。

 仮にですが或る競輪場のデーターをとり◎→○の連続不出レース数が30回が記録だとし31回目の不出が新記録だとするチャンスに立ち会ったとする。果たして31回目に◎→○が出現するだろうかsign0232回目33回目・・・も新記録のチャンスに過ぎないが必ず出現する保障度は単なる◎→○の出現度に過ぎないのである。過去は30回連続不出だとしても今度は50レース以上の記録に達するかもしれない。折角出現しても配当が¥200前後だったりしてはチャンスを待った意味すらなくなろう?

 無意味なんですdown。自作のデーターだって?いくら貴方が莫大な時間と情熱とお金とエネルギーを消費して作り上げたデーターだとしても面前のレースには無価値なのですdown。単純に思いついたフォーカスが正確に確定板を予測する場合も多い。無駄なデーターも他人へ売りつければ商品価値を生む。自分の投票資料には成らなくてもネットオークションなら飛びつくオタクもいるかも知れない。僕も過去にデーターを収集した。日刊のスポーツ紙を競輪場毎に切り抜き翌日の結果を記事下に貼り付けて行く。自作データーで部屋中競輪資料に埋め尽くされていた。結果は単なる切抜きオタクに過ぎなかった。僕の二の舞をしないよう警告しておきたい。君もオタク?

   (お金の割り振り)

  又極端な例で解説するが2車立て2連単の車券が発売されていたとする。選手2車をA&Bとすると当然発売フォーカスも予想されるフォーカスもA→BとB→Aの2種になる。投票する場合は余程の捻くれ者でなければ何れか片方を投票するであろう。

  予想の段階では投票するであろう全ファンがA→BとB→Aと2本予想し両方共投票したのでは利益が出ないから投票する段階で1本にまとめただけに過ぎない。的中した人も外した人も予想技術は同じだと思う。的中した人が予想が上手く外した人が予想が下手とは決め付けられないのである。

 可能性あるフォーカスが10点20点考えられたとしても投票する段階で利益を生む為に削減されるフォーカスは多い。投票枚数として計上出来ないが実際の投票フォーカスの他に考え思い浮かんだのだがそこまで手を広げたのでは競輪にならないと見切ったフォーカスは誰にでもある。しかも見切ったフォーカスで決定し大魚を逃がす場合も多い。これも考え方次第で投票枚数こそ0表でも自分の予想フォーカス内で決定なら立派な予想力だと思う。一概に的中したから予想力が上位で外したから予想力が下位とは云えない。

 皆さん殆どのレースに置いて0票の隠し車券を懐に入れていることになる。何も恐れることは無い。貴方の予想力は殆ど100%だ。但し儲けることとは異質の問題で、幾ら立派な予想力でも収支決算上プラスに出来ないところが痛い。

 胸を張って云いたい予想は100%的中するのだが・・・・・と[・・・の] ところはお金の割り振りで挑むしかない。

   (車券販売の顧客)

  後楽園競輪の廃止以降競輪のメッカはグランプリ開催の多い立川・交通の便利な川崎を云うのだろうか?昨立川競輪初日入場3,895人 売り上げ220,373,900円と新聞から拾って思うのだが?寒空の平日真昼間からよくこれだけのケイリンファンが集まると思うのだろうか?失業者・労務者・ホームレス等底辺生活者の1時的吹き溜まり逃げ場?と捕らえるかだ。僕は当然後者だと思う。暖房設備整う邸宅で仮定団欒を楽しむ余裕の無い連中がなけなしのお金を賭けあう修羅場が本来の競輪の姿である。

売上額を入場者数で単純に除すると約¥5万6千強を購入したことになろう。現実にはこんな大金を還元率の低い競輪へ投下出来る貧乏人が場内へ紛れ込む筈は無い。大半が電話投票に助けられた数値であろう。

 人気のプロ野球・サッカーですら平日の霙交じりの寒天下連日開催したとしてこれだけの入場者数を稼げるだろうか?おそらく、ノーサンキュー!が返ってこよう。スポーツケイリンを見たくて、選手との交歓を期待して、仕事に優先して、駆け参じるのではない。まともな定職も無く仕事代わりに日当稼ぎに起こりえない僥倖に預かろうと駆け込んでいるに過ぎない。

 競輪事業の真の目的が彼ら最下層の連中の生活費をさらに毟り取ろうとするのでなければ彼らは同じ方向を向いた企業体の従業員みたいなものだ。競輪事業の宣伝にこそなれ!ささやかな賛同者だ。

 日額¥1万でも¥2万でも日当を支払ったらどうか?競輪は浄財余る大企業やお金持ち・天下り特殊法人へ発売ターゲットを向け代える時に来てるのではないか?車券販売の顧客は利益団体が主眼にならねばおかしい

   (それだけの話)

  今でこそ首位の座をゲームオタクに奪われているが僕ら70才代世代だと野球や大相撲オタクがその最たる立場だったのではなかろうか?生き字引?とか呼ばれ選手年鑑や力士年鑑丸暗記の兵がいた。選手の出身県、学校は元より○○年度のチームオーダーから打率以下の年代別選手成績等、僕の近くには野球オタクが多うかったせいか高校時代の野球から終身球歴に至るまで何でも知っていますが自慢の様子だったsun。勿論大相撲界にも同様オタクが居たと聞く。凄いことである。今でこそクイズ番組等多く素人出演番組でもあればかなりの賞金稼ぎになろうと思われるのだが、当時は本当に良く知っていると感心するだけで真偽の程は彼の持つ年鑑が最終結論を握っていた。意外に学業成績とは関係ない様子で野球知識1本に秀でていた。その後も鉄道駅名オタクやπを3.14・・・・・や√2や√3の暗記魔?何の役にも立たぬが自己満足なのだろう!

 僕も一時競輪選手オタクになりかける程のめり込みそうになったが競輪は知識じゃ威張れない。儲けて初めて価値が出る。と今はこの思いが強い。以来負け続ける身で威張れるものは何にも無い。本当にギャンブルオタクは口角泡を飛ばして熱く語ろうと利益の裏づけが無い以上誰からもレスペクトされそうも無い。可哀想だがそれだけの話。

   (大数の法則へ)

選手にホームバンク・脚質がある様に車券師にもホームバンクもあれば買い方もある。電話投票が始まる以前なら最短の位置にある競輪場がホームバンクでその近在の競輪場がさしずめ練習バンクと云えた。得意バンクは思い出のヒットが打てた競輪場で偶に出かける競輪場がそれにあたる。ところが得意バンクのつもりでも数多く出没しだすと自然と苦手バンクになってしまう。大数の法則から淘汰され惨敗の思い出バンクに成り下がってしまう。

 重も良も芝もダートも関係なく苦手になるから大数の法則だけの価値はある。買い方だって穴党が本命ばかり追いかけたり穴も本命もの両刀使いに変身したりで自在と云えば何でも出来そうだが度々のつまりは何もやっても駄目に落ち着いてくる。

 選手は早朝から街道練習や合宿まで張るが車券師は精精他のギャンブルやキャバレーへ出没できれば御の字だろう。レース数が多くなれば多くなる程投票金額の75%が払い戻し金額に落ち着くはずである。現在の電話やインターネット主体の投票になればナイターも入れると日に30レース~50レースもの兵もいる筈である。恐らく三味線族を除き大敗組み揃いのはずだ。それを承知で今更止められませんsign03墓場まで

   (競輪で良かった)

   車券を買う人の常として朝出走表を目にして新鮮さapple清清しさappleを無性に的中と結びつけて考えやすい。何故か当る様な気がして仕方が無いのである。その思いが今朝は一段と強く感じ新聞欄に自分の予想を書き込んでみた。僕のホームバンク小田原競輪場最終日の話だ。ここ65日断輪中の身だし投票はしない意志が強いがその思いも壊れそうになるくらいだ。何十年この衝動にカマケテ投票を続けてきたのだろう?結果的には買わないのが正解の場合が殆どだ。

 買うとなると朝の第一感が大きく変貌してしまう。僕の場合だと一ニラミの直感で2点3点書き込んで置くが投票時はさらにオッズを参考に推敲を重ねさらに1本へと絞って行く。何時しか最初の直感とは全く関係の無いフォーカスの1本買いになってしまっている場合が多い。

 それだけに新聞にメモ書きした予想が的中したとしても実戦では買う保障は無いのだが万一的中して高配当の場合悔やまれるからやはり都合主義なんだろう。

       どんな決定も僕には当てられませんが正直なところだ。

 今この競輪場で既に第3レースまで終了している。僕が書き込んだ予想で2個レース的中している。第1レースは払戻金2連単で¥1100の配当だけに僕なら買わない範囲の配当だ。第2レースは¥340の配当で、尚更のこと僕が狙う配当域からして買う筈は無い。同様な結果を繰り返すだけで断輪していて良かったの実感だ。

 競輪投票に始終すると生活が破綻する人は多く、僕もその一人だが競輪を止めていたとしたらもっと増しな生活実行者として人生を渡り得ただろうか?答えは難しいがやはり「NOsign03」に近いとしか云えない。

 人生は実験やテストの様に同一の条件で繰り返すことが出来ないからだが性格や身体能力・環境を同一として考えても他のどの道に進もうと現在以上の僕に成れなかったと思う。僕は凝り性なだけに結婚し家庭・家族を成していたとしても分不相応に家庭・家族にのめり込み過ぎて当然家庭は勿論生活破綻していただろう。

  競輪で破綻しても個人の問題で済む。家族・家庭にのめり込み生活破綻していたら親族血族まで巻き込んだ問題に波及しよう。僕は競輪が対象で有り個人の問題で済んでいる。

 後は静かに寿命の到来を待つ。それでも今日のO競輪場の結果は気になる。ブログを終えて第4レース以降の結果をチェックしたい

      (フォーカス評価表)

  以前から気にしているのだがKEIRIN JPの出走表始め予想紙の殆どが選手の個人成績の羅列に過ぎない。単勝式車券発売が廃止されて久しい。選手始め関係者にはお互い相手の近況・力量を把握する意味でも大事かもしれない。

 ところが出走表は投票するファンが1番利用するのである。ファンにとり大事なことは選手の個人成績だろうか?勿論頭探しには個人成績も役立つかもしれない。「頭を決めて総流ししてください。」的発想かも知れないが、頭を固定したとしても2連単で8種3連単なら56種も買い切るファンは少ない。平日の真昼間から車券投票に明け暮れるファンの多くは定職も無く日当稼ぎの代理戦争?乏しい生活資金からの流用で余裕等ある筈は無い。

 そこで思うのだがフォーカス毎の成績表を提案したい。説明を簡略化するため2枠複で云えば選手欄が当然1=2,1=3、・・・・・6=6と18個のフォーカスを並べる。各フォーカスの価値を表示する項目・要素は多ければ多いほどデーターの精密度は増して行く筈。

 過去3ヶ月でも10ヶ月でもあくまでもフォーカス単位の出現回数や現時点でのオッズ項目は絶対必要だ。

 まだ思案中でモデル作を表示すれば以下の様になろう。

フォーカス評価表

フォーカス

人気

転回

脚力

出現実績

合計

出現率

オッズ

期待値

1=2

1=3 

1=4

・・・・・

・・・・・

・・・・・

5=6

6=6

  スキル未熟で作表等に問題多く上手く表示できないが出現率(100分率)×オッズで≧1のフォーカスのみが利益算出候補のフォーカスとなるのではなかろうかsign02その上に絶対競輪不等式を織り込んで資金の割り振りを実行すれば自ずと光は見えてくるのではなかろうかsign02僕は実際競輪必勝研究には疲れ果ててやる気を失している。僕の記述の中には間違ったことが多いかもしれない。それでも何かを拾うこともあるかもしれない。実戦の助けになれば僕も救われるのだがsign03

    (確定要素)

 昔の話になるが2枠単(フォーカス数33種)◎→○(Nスポーツ紙)の連続不出現回数データーを採取の折後楽園9車立てで33回出現せず34回目に出た記憶がある。これなど例の倍々法(外した場合2倍増で買う法)で買い続けていたら当然資金は切れるであろうし的中時の配当金も¥100元払いに終わろう。怖い話である。過去のレースとこれから発走するレースとの因果関係は無いのだが連続して不出現しているともうそろそろ出てもいい筈だと追いかけたくなる。特に◎→○など口開けの第1レースから第10レースまで出現していないと次のレースで出るのではと買いたくなる。勿論資金に余裕が有っての話だが。自分の推理も専門家・担当記者・予想やさんも意見が一致すると怖い。特に中日の準優勝戦あたりだと特選組みが乗り込んでくる。2車相前後して並ぶだけで堅そうな気配がする。施行者も明日の決勝戦の売り上げ倍増狙って本命擁護策に走る。それでも止めた方が賢明だ。当てながら負けこむ人のパターンだ。競輪は外れ放しで負ける人と当てながら負ける人とこの2パターンしかない。

 予想なんて誰がやっても大同小異で買うか買わぬかで当たり外れは出る。どちらにしろ負けることに変わりは無い。選手個別にデーターを取るのもいいが山崎芳仁や伏見俊昭が何レース続けて頭を外すか数えるのは容易だろう。ただし1着でゴールしても配当的に妙味に欠ける。色々思いつくやり方は有ろうがみんな独自の世界で納得するまでやると好い。

 僕は過去確定フォーカスの3大要素を①人気②周回中の番手③力じゃないかと睨んだ。①は当然人気に応える責任がある。②は最終周4角入り口を5番手以降じゃ権利も無い。③は競走得点に20点も開きが有ってはどうにもなるまい。

以上3の要素で50%程度決定するのではないかと他にも色々考えられるが・・・・

   (3大要素の分配値)

  話を続けたい。決定フォーカスの3大要素を人気・位置番手・脚力で50%は決まろう。僕の感で有って科学的根拠は無いが。勿論体調とかメンタルな諸条件、運、突発的アクシデントとかの人知を超えた部分での神の導きに左右される面もあろう。競輪研究家の荒木三郎氏は宇宙規模の自然現象の一つ潮の満ち干の時刻を研究され穴の出る時刻を予言できる説を採られていたが僕は余り興味を持てなかった。氏は九星術の研究や出目の研究からも諸説を唱えられていたが所詮1から9までの僅か9個の世界だしどんな論法も起こりえたり起こらなかったりは有り得る話である。興味ある方は古書探しでも見つかるかもしれない。

 僕はこの3大要素で50%は出現すると見てアバウトだが50%÷3≒17からこの要素毎に17%の出現率が有るのでは無いか2枠複(18種のフォーカス)なら人気で17%位置番手で17%脚力17%合計して51%になるがそれ以外の要素が49%程度はあるのではなかろうかと。

この3要素の17%をフォーカス毎に割り振るのである。その割り振るための分配値を出現率に求めたのである。人気順に18種のデーターを取り位置番手順にも18種のデーターを取る。勿論脚力順も同様である。

 ◎=○、◎=×、◎=△・・・・・・人気別18種の出現率

 逃げ=番手、番手=マーク、番手=まくり・・・・位置番手別18種の出現率

 1位=2位、1位=3位、1位=4位・・・・脚力別18種の出現率

これをフォーカス毎に人気の持分17%を分け合い、位置番手でも17%を分け合い、脚力でも17%を分け合って合計するのである。

一寸ブログとしてはくどくなるので小休止したい。

     (車券師S 級S 班)

 競輪には面前の1個のレースのみでの必勝は無い。後にも先にも関係なく面前の1個レースのみ競輪レースに迷い込んだ俄かファンで競輪事業が運営できるだろうか?仮に1個のレースへの投票金額は少なくても連日常習的に数十レースへアンテナを張って車券を買い捲る真の競輪ファンは1個のレースに拘っていないのである。常に外した場合の次のレースの投票を考えて複数レースでのトータルでの勝ち負けを案ずるのである。レース自体は1個1個独立したレースで関連性は無いが常習化した競輪素浪人達に取りレースは時を刻む長針と同じで延々と続く連動隊で関連性は大有りだ。

 前レースまでの損金を取り戻し更に上積みを狙う。この精神こそ現競輪を育て上げた戦後復興期からのさまよう生活破綻者の血のにじむドラマの集積である。競輪選手にスターは不要だ。解かりやすいレース、取り易いレースのメンバー作りが先決だ。

 競輪にスターを作るなら競輪投票で利益を出し続けるであろう夢を追う?そこの貧相な爺様shadow貴方しか居ない!。車券師S級S班の称号を贈りたい。

    (健全娯楽)

  数々のグレイド高いレースの決勝戦に立会い(TV観戦含め)結構レース内容は覚えているものである。ところが自分の戦績はさっぱりである。僕の場合的中することも無く当然好い思い出が皆無だからだろうかsign02最近でこそ本場参戦していないが若い時代は開門前から正門前に居並ぶ怪しげなテキヤ風業者の口舌相手に開門を待ったものである。

 なけなしの小銭を前半のレースで倍増させメインの決勝戦へドカーンとが僕の描くシナリオで有ったが何時もメインのオオトリ前には失墜し元取り狙いや起死回生で更なる大穴狙いに走っていたからかもしれない。

 面前の戴冠レースを1個の独立したゲームとして切り離して考えられる人は自分の予想に信念もありブレルことも無かろうが資金にすら事欠く競輪素浪人達は戦前の予想(早朝の冷静な)から大きく舵を切るしかない。帰りの交通費・食事代・ドヤ代等すべてに宛が無いのだから・・・・競輪ホームレス化時代である。

 予想の前に希望する金額がある。その金額を充当させてもらう手段に競輪がある。自分の狙うフォーカスがA→Bで有ったとしてもオッズが5倍じゃ自分の意図する金額に添えぬ場合

 ①投票を止める。

 ②別な高倍率オッズから投票フォーカスを作り出す。

 ③借金してでもA→Bへ増額して入れる。

 正解は①と思う。②は必要金額の時限に迫られている場合は仕方が無いが100%失敗確実だろう。③は10回に1回ぐらいは成功しても自然孤立し借金の当てがなくなるだろう。ホームレス化間違いなしだ。

 最近では炊き出しとかホームレスの支援NPO法人とかあるらしい。故に競輪へ没頭しろとは云えないが。所詮健全娯楽とは云えない。

       (提言3連単配当金固定賭け式)

  儲かっていますか?「当然ですよ!だって職業ですもの!」と応えられる車券師は居ない。

 競輪選手や関係職員なら家も別荘も建つかもしれないが・・・・そんなことはないよ俺も入れてくれよと予想やさんや担当記者も・・・と想像する。

 車券投票以外に一定額の収入があり投票にのめり込まねば紳士風を装って生きて行けよう。一芸に秀でる者も世間から高く評価される。競輪にのめり込むと(?)クエスションマークがつく。先ず見栄や外聞に構っていられなくなる。食事だって1食2食抜いても平気になる。家へ帰らなくても平気になる。異臭を放っても構っていられなくなる。憐れ車券師のホームレス化である。ここまではならぬように頑張りたい。

 

 前から思っているのだが配当金固定賭け式を導入してもらいたいと思う。現行の3連単9車立てフォーカス数504種(9×8×7)が均等に売れたと仮定すると、どのフォーカスで確定しても払い戻し金額は504×100(1-0.25)=37800となる。実際のレースでは人気や展開のアヤを読んで千差万別のオッズを点灯することになるのだが。そこでこの3連単の平均値であろう¥37800に目をつけ3連単配当金固定賭け式を導入してもらいたい。

 どんな転回でどんな着順でゴールしても配当金だけは¥37800に固定して売り出すのである。◎→○→△でゴールしても4→6→8でゴールしても上記配当金は固定するのである。逆に378種均等に投票すれば的中時は全額還元されることになる。売り上げ浮上の起爆剤にならないかと提言したい。勿論総売上金の低限は決めておかねばならないだろうが大数の法則からしてこの数値へ限りなく近づくはずである。主催者側の英断を期待したい。

   

 (準決勝戦の狙い)

 準決勝戦となると特選組みに・選抜からの勝ち上がり組みはさらに優勝戦のステージを夢み一般戦からの勝ち上がり組みも更なる賞金稼ぎが実現しそうだと密かに狙うsun

 ファンにも払戻金が予選より準決、準決より決勝と高額になって行けば良いのだが・・・(どこかの企業にお願いして売上金の中に協賛金の導入制度等の立案?でも諮られた方が政治家らしい仕事となろう?)

  ファンの資金は予選の第1レース目がピークで最終日は決勝どころか当日の後半のレース前にお手上げのファンが殆どだろう。

 昔は資金が続かないからとラス前のレースのみ駆け込んで来るファンも多かったが電投やインターネット主流では場内の雰囲気やファンへの接客対応等も変わってきたのだろうか?

 以前は場所により最後の3個レース時から出入り口を無料開放するところもあったが現在は如何に?もっとも競輪場の入場料なんて東京都内は¥50他が¥100は未だ引き継がれているのだろうか?

 有名な元選手Nさんは「選手にとり優勝に勝ち上がるのが第1の目標だから準決は下手な策を弄せず先行選手なら腹を括って3着までに残れば好いと思って走ると却って好い結果になる。」と選手への助言の積もりなのだろうが?一寸ファン無視的発言では?とも思える。

 まあ選手はどうであれ車券師は高額配当を当てて儲けねば意味が無い。◎印の先行選手が腹を括って3着を狙って走ってくれれば車券は当てやすいのだが前日の特選組みに比し一般戦の勝ち上がり選手を脚力下位と舐めると勝てない。思い切って1番強いと評価される準決勝戦の先行選手(多分特選組み)を狙いから外す!。勝ても筋で4倍(2連単)程度だろう負ければ他の筋で20倍(2連単)はある。スター選手に惚れては高額配当とは無縁になる。貴方が好む選手は貴方が買っても買わなくても受け取る賞金に変わりは無い。まさか生活破綻組みの車券師が高額所得者の選手へチップ?のつもりなら可笑しい。

 売り出し中の若手先行選手ならこの準決勝戦が壁であり登竜門でもある。上位の選手に一矢報いるとモチベーションも上がる。バック線をゴールと思って走れと厳命されてる若手も多い。当然この選手の番手が2段ロケットで発進する。通常なら頭の筈だが既に付けバテ状態だけに末が欠ける。狙いは番手の後ろが狙いに成る。俗に云う交わしの交わしがねらい目だ。

 ①本命以外の若手売出し中の先行選手のいる準決勝戦。

 ②(新鋭先行)-(番手)-(マーク)の並びから交わしの交わし

 ③オッズ20倍超えを条件に2連単(マーク)→(番手)

をお勧めしたい。

 

   (企業協賛金)

  選手はグレードが上がれば賞金も上がる。投票するファンは普通開催のFⅡもGⅠも還元されるものは何も無い。選手には優勝すれば副賞もあるだろう。常々思うのだが協賛する企業にはお願いしたい。選手や主催者のみに顔を向けるのでなく本場参戦するファンや電投・インターネット投票のファンへの還元が主でなければいけないと思うのだが。

 自転車競技法の改正等が無ければ無理な相談かもしれないが売上金の中に協賛企業の枠を設け売上協力金を提言したい。

大手企業が売上金の中身に協力する制度

  「このレースの協力企業名は以下の通りです。ご協力ありがとうございました。」

 ○○自動車(株)    ¥1億

 ○○銀行        ¥5,000千万

 ○○TV         ¥2億

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

 投票金額        ¥×××・・・

 合計売上金     ¥××××・・・・

こう云う時代が到来することを期待したい。

 (利益ランキング)

 KEIRIN.JPの中にランキングなるものがある。こちらは選手ランキングで1位の村上博幸以下獲得賞金額順で名を連ねている。個人的にはマイページや個人データーから電話(インターネット含む)投票の収支決算金額も出る。個人情報漏洩云々問題は有ろうかも知れないがハンドルネームで結構だ。利益高ランキングを表示してもらいたい。永久不変のプラス者は居ないとしても或る期間の1週間ぐらいのプラス者なら居る筈だ。①払い戻し金額ランキング②利益金額ランキング毎週表示されたらファンもさらにやる気を起こし売り上げ浮上策に繋がると思われるのだが!関係者に一考を促したい。

« 2009年10月 | トップページ | 2010年6月 »