美容院・美容室・ヘアサロン・理容室・理容院向けの税理士

ある阿呆の叫び

漢字検定問題無料サイト

脳トレ

無料ブログはココログ

« 2009年5・6・7・8・9月 | トップページ | 2010 年1月・2月・3月・4月・5月 »

2009年10月 7日 (水)

2009 年10・11・12 月

  (年金対応フォーカスの発見)

 お早うございます。輪士です。儲けていますか。風邪など引かないように気をつけてください。昨夜より一寸変です。熱はありませんが新型インフルエンザではの心配です。トイレに頻繁に起きました。さて負ける競輪のプロ今日は何処を狙おうか?習慣です。病気です。続けるしかありません。存続の危機にある花月園をメインにナイター平塚になりそうです。僕は選手じゃないが登録は神奈川ホームバンクは小田原練習地は花月あたりで街道はやりません。以前花月園から徒歩10分の地に住んでいました。県内のバンクは何処も地元の積りで買い込んでいます。穴の1本狙いで先ず的中はありません連続の外れで凌いでいます。一日¥1000スルと月¥3万の損失¥2000スルと月¥6万は痛いです。全レース外れる場合が殆どです。3桁のオッズは車券と思えません。故に買いません4桁配当は種類が多くて1本へ絞り込む作業が大変です。毎月投票した金額全て外しているようです。せめて一日¥100の投票なら月¥3000の損失で済むのですが年金しかも低額年金です。○○競輪の全レースを或るフォーカスで買い続ければ年間¥100万の利益を創出できる年金対応型フォーカスの発見に研究を続けています。馬鹿でしょうかあと5ヶ月で古希を迎えます。収入は低額年金のみになります。昔後楽園の第7レースを4→6を買い続ければ必ず利益が出る。年金に匹敵するフォーカスだ。と口から泡を飛ばしていた予想屋さん未だお元気でしょうか?皆さん競輪に狂い墓場まで新説を持ち込んで黄泉の世界で年金対応フォーカスを買い続けているのでしょうか僕も猶予が5ヶ月しかありません僕も永遠4→6を買い続けてみたいです。ホームバンクの小田原でデーターなんて面倒です。過去のデーターは未来を予測する上で大事だが面前のレースは生き物です。過去のデーターは役立ちません。運だけです。国民年金の最低額は競輪で何とかしたいです。

50年以上競輪保険料を払っているからです。加入期間25年で貰える国民年金以上の投票金額です。受給資格は立派にクリァしています。

   (飯を食おう)

  競輪何て可哀想だが貧乏人の吹き溜まりそれが現実です。まして最大の売り上げを誇る3連単は504種のフォーカスからの選択です。大口1本何てお馬鹿な競輪狂で無いと出来ません。ところが競輪狂になった時点では既に貧乏人の仲間に入り投票するお金は無理して搾り出したお金のみです。能書きこいて毎日やられながらの人生の繰り返し。馬鹿なんです。貴方も私も君も僕も!人生何て?この命何て?どうでも良いってなりませんか?万一死んだところで貴方が思うほど誰も悲しんでもくれないでしょう?誰からも既に当てにされて無いでしょう?厭世的に投げやりな生き方でも何とか生きていけるようです。儲かりもしない競輪へ!なけなしのお金の!金策の連日!既に信用なんてありません。一層のことこの命何て馬鹿なことを考えても実行してはいけません。

競輪選手や競輪関係事業者を儲けさせてはいけません。先ず車券を買う前に腹いっぱい飯を食おう。精一杯おしゃれをしよう。それでも残るお金が出来たら又車券を買えば良い。先ず腹いっぱい飯を食おう。

   (外し王)

 インターネット投票で始めたパソコンですがやられついでにブログを始め現在に至っています。このパソコンは2台目ですが劣化が激しく買い換えたく思っています。競輪の資金は作れてもパソコン購入資金はなかなか作れないものです。それだけまとまった利益を生むことが出来ない証でしょうか?多点貼りが出来ず大口投票も出来ず少しずつ連敗を繰返しています。外しながら負け続けるパターンの競輪おじ様です。能書きには疲れました。レース読みも疲れました。スポーツ新聞は毎日覗いています。直感で一気に予想は頭の中に出来上がります。低額配当の場合は殆ど想起したフォーカスですがオッズを見て投票する以上実践では買いません。当然全部外れと同じです。付け過ぎる穴は的中の可能性はありますが対象フォーカスが多過ぎて僕の絞り込むフォーカスにマッチする保障もありません。多分こちらも外れる場合が殆どです。50倍オッズの車券でも10点で的中したのでは5倍オッズを1点で的中したのと同然と思っています。したがって高配当と云えど僕の主義は1点です。1点で投票する信念が強すぎるのか連戦連敗は事実です。当てながら負け続けるタイプではなく外し続けの連敗王といえるでしょうか?。実戦で的中することは先ず有りませんがカラ予想では時々5桁配当が当たっています。悔しいです。1点予想ですから当たった筈だと思いたいのです。しかし高配当の1点投票主義だけにオッズ板を睨みながら投票します。狙いのフォーカスの前後左右のフォーカスがより高配当を点灯していたら多分より高配当のフォーカスへ流されて投票したと思われます。従って低配当は当たらない。中配当も当たらない。まして高配当も当たらない。最終的に毎レース最高配当を1点ずつ投票しているのと同じ状態です。そして外れた!やられた!駄目だ!全然来ない!一人ネガティブ言葉が口をつきます。僕の競輪人生の最期はこのパターンでやられ続けています。他人の僥倖的勝利の話を聞いても全然羨ましくもありません。いずれ吐き出してしまうだろうと頭からかかっています。どんなに的中を謳い資金倍増を謳う誘いにも耳を貸すことも有りません。多分現存する競輪素浪人の中でも外したレース数では負けないつもりです。競輪投票はスタート時から金のない貧乏学生から始めました。人生貧乏なまんま過ごして来ました。大金を持って勝負したことはありません。従って損金の額では歴代の損金大王とは大違いです。あくまで外したレースの数ではベスト10あたりに入っているかもしれません。今日のタイトルは外し王としてみました。

   

(競馬名人)

  お早うございます。輪士です。儲けていますか?。投票で飯が食えますか?職業として成り立ちますか?過去の話ですが一時期在籍した職場にUさんが居た。僕と同世代だが彼は学卒後この会社一途に勤め肩書きは部長さん。人当たりもさわやかで社内では競馬が上手く勝ち捲くっていると云う噂だった。ある日曜日に職場の女性Dさんと競馬に誘われ早朝から3名で出かけた。Uさんは席も指定席を購入してくれお昼の弁当も場内最高値の幕の内弁当をご馳走してくれた。1日過ごす競馬の手の内は明確にしないからそこそこ各自遊んでいたのだが最終近くのレースでUさんは当たったと顔を紅潮させていた。帰り際僕ら2人はご祝儀に¥1万ずつ頂いた。彼は時々社内の誰かを誘い同様なことを繰返している模様だった。Uさんと競馬へ行きご祝儀を頂いた話は職場中あちらこちらで囁かれていた。僕も!私も!ご祝儀を頂いた話は何時も語り草で競馬上手の見届け人に仕立てられていた。僕はUさんに3回お供をして3回ともご祝儀の¥1万を頂いた。????職場でUさんに同行した人はみんな同様な話だった。こんなに競馬の上手いUさんも職場を辞めることはなかった。立派な社会人として肩書きは大事だったのか?競馬上手の噂を広めたかったのか?本当に上手で馬券名人だったのか?他の目的のカモフラージュの為手の込んだ演技を繰返していたのか?今もどこかの老人会で競馬名人を演じているか?近況は知らない。人間的にも立派な方だしご祝儀も計3回頂いた恩義も感じるし、お題を競馬名人にして見た。

   (貧乏くじ)

 毎日毎日新たにレースが作られ僕ら貧乏車券師が何とか捻出した金で投票を繰り返し惨敗を繰り返し競輪行政は成り立っている。但し売り上げ金額と云い入場者数と云い目を覆うばかりの衰退様だ。この僅かな売上金の中から払戻金を受けたら申し訳ない気が起きてしまう。毎日の若い(早い)レースでの2枠複でオッズ表示から100票ないと僕が当てて良いのだろうかsign02何て?運営する資金はどこから回すのだろうかとあらぬ心配までしてしまうdown。だから外れる車券を狙う訳ではないが僕の買い方からすれば2車立て車券が発売されても外れる車券を狙って1点買いを続けるであろう。昨日も12個レース全敗した。一昨日14個レース全敗した。その前も・・・・?後は手元のデーターか銀行の口座残高から逆算して探しても払い戻しを受けた記憶が無いほどだ。予想が下手だとは思わないが投票する車券は外れる車券を買ってしまう種族に属するのだろう。選択肢が2個あれば悪い方を選ぶ習性がある。遺伝だと思えば良い。籤で云えばまさに貧乏くじを引く為に生まれてきた様な人生だ。生ある限り続けるしかない。この悪い遺伝子はこの世に残しては子孫が可哀想と子作りしないで競輪投票一筋に生きてきた。そして哀れ貧相車券師が僕の現状だ。それでも僅かだが外す車券を細々買い続けたい。若い選手を育てる義務がある。僕より年長者の現役選手は既に居ない。例外的に僕の年代まで頑張る選手も居るが淘汰されてしまう。車券師も停年制でも導入しないと生きてる限り続けそうだ。

  (他人の人生)

  長年買い続けていると自然色んな癖が身についてくる。どうにもならないのが負け癖だがこれは投票する人は全員だから仕方がない。バイオリズムと云うか極短期だが勝ち癖もあるかの錯覚に陥る時もある。負け癖が常態だけに時々チャラや少し浮いただけでも儲かった様な錯覚に気分良く酒が進んだりする。酒の飲めない人はどう過ごすのかsign02アル中の者には判らない。群れを組んでの参戦なら当然ご祝儀ナンカも癖の一つだろう。僕ら貧乏車券師は先ず群れないsign01。独自の戦術にブレが無いsign01。何処かの政権与党とは大違いだが意固地になって負けてもやられても自分の戦術に凝り固まっている。こんな時は助言をくれるコーチなり監督の一言は大きい筈だが野球選手と違い打率3割でもスターどころか飯も食えない。競輪選手なら勝率3割で十分スターが勤まる。残念ながら車券師は10割でも飯の食える段階ではない。これは回収率の話になるが大数の法則からして当然75%に限りなく近付く筈である。それ以下なら下手(不向き)だし以上なら上手(向き)と思えば良い。すべて飯の食えぬ低次元の範囲。他の遊びもそうだが僕らは低次元の中でも序列を作りやすい。僕は将棋を指す。街のクラブの初段程度sign02大半がこのクラスで欲深くまだ伸びると勘違いしやすい。勘違い中は凝り気味に日参するが何れ自分の限界を知る。競輪の方はとっくに能力の限界も負ける仕組みも解かっているのに延々と続く。単に僕個人のシツコイ性格のせいだけでもなかろう。十分常識派に属すると思っている。車券を買うことが癖になっている。負けることが癖になっている。外すことも癖になっている。最近ではこのブログを更新することが癖になっている。省みて僕の人生の大半は競輪の影響の下に歩んで来た。そうでなくても現況と差異のない哀れ貧相老人になっていただろう。まだ言い訳が出来るから好い。sign03競輪に凝って人生をだめにしたsign03とこの口癖も何時しか僕の癖の一つに成長したようだ。人間何をやってもダメが普通の状態なのだがsign03他人の人生が良く見えてしまう。

   (嘆き節)

 貴方の競輪暦は果たして何周年目を快走中でしょうか?そして利益年度、利益月が何度有ったでしょうか?そして投資額のトータルでは?その見返りで手に入れたもの失ったもの?考えただけも長い年月を競輪投票へ打ち込んできたわけです。

 結果はどうであれ立派な人生だったと思います。競輪に没頭した資金と体力とエネルギーsign03それで得たものは又金銭では換算できぬ貴重な人生だったのではないでしょうかsign02社会の職制ランキングではホームレスレベルの素浪人かもしれないがお上を恐れぬ根強い競輪魂が胆力を鍛え上げてくれました。

 貧乏で十分up人並み以下で十分up親族友人知人と遊離しても十分upな価値観を持って生きるパワーで心身漲っているからです。折角入り込んだ競輪道これからも負け続けるのが貴方の道なのです。その先に何があるか何れ見えてくるかもしれません。それが現世でなく黄泉の世界で有ってもそれが競輪の極地かもしれない。細々でも好い。買い続けるしかないsign03

 筋で決まれば低配当down筋違いなら当たらないdown両方買えば当たるけど利益は出ないdown

並びで買えば途中までdown点で買えば形が出来ぬdown度々のつまりは最初に戻りの悪循環

これを繰り返して今がある。今日の貴方の戦術はどの戦法で?たまには当たれと大穴狙いで外れの連発down硬く石橋叩くと紐違うdownすべてやったと堂々巡り。

   (レース読み)

  投票に際しレース読みは不可欠だが規制緩和で何でもありの時代だし選手も勝手sign03僕ら車券師も勝手sign02つまり先行で看板をかかげても先行の意欲すら見せず後方凡走のまま終わる選手も居れば投票する側も先行逃げ切りを口にしながら番手→マークばかり狙っても勝手であるsign03。要は勝つ為には何でもありの総力戦が望ましいsun。但し「ラインの先頭で自力で戦います」とか「先行以外は何でもやります」程度の談話なら一応先行はしないだろうと考えるのが普通だし好位を取っての捲くりか早めの追い込みと考えるのが車券を買う側の作法でもある。又この選手とラインを組むで有ろう後続の選手も貴方任せの戦いだけに先ず頭に抜けるチャンスは限りなく少なくなるdown。自在の選手をAとしラインを組む選手をBとCとするなら通常A-B-Cで周回を重ねるのだがAは先行をしないと公言している訳だから自ずとBCの勝負所での位置関係は良くて2番手3番手悪いときは8番手9番手にされてしまう。これで勝てる様だと選手も練習はしなくて済むsun。従って自力型の後位では先ず勝負権はない。それでも車券を絞らずにBやCから投票するのは勝手だがいくら資金があっても続かなくなるだろうrain。Aが勝つ為の条件は①他のラインの番手を取りきっての追い込み勝負②4番手を取りきっての捲くり③別のラインを戦わせての最後の捲くり④押し出されての先行勝負考えただけでも組み立ては一杯ある。しかも組み立て自体は上手く行っても選手自身が対応できない場合も常にある。相手も鍛え抜かれた選手である。いくら選手Aの単率が30%あったとしても過去のレースでの平均単率であり面前のレースで勝ちきる率はさらに軽減し10%もなかろうdown。ましてBまで連れて行くA→Bで決まる確率はAが勝つ時の20%程度つまり2%程度になってしまう。downいくら貴方が競輪に長けレース読みが上手くてA→Bを見つけA→Bの1本買いを繰り返しても2%程度の的中率に過ぎないのである。買っても買っても勝ちきれない貴方も可哀相だが元来出現度2%程度の車券を剥きになって投票続けたとしても100回に2回出現すればいい話であり1000レースに20回出現すれば好い話である。続けて980回外れてもおかしくないのである。貴方は立派なレース読みの大家でありsun立派な負ける車券師の大家でもあるsun。そして車券を買う人皆が貴方程度のレース読みは出来るのであるdown。そこで偶然A→Bでレースが確定しても皆が考え皆が買っているだけに低配当に終わるdown。1点買いも好いが2%の出現率の車券でオッズ10倍ではいくらレース読みに長けた貴方でも勝ち切る訳には行かない。残念だがその程度の闇夜を彷徨っているに過ぎない。そんなことは解っていても買い続けるのが車券師の所以でもあるが・・・・・rain

   (繰り返す結論)

  僕は昨年7ヶ月断輪生活に入り競輪と離れてみた。やれば出来ることだが何となく車券を買い何となく外す生活が板についている感じで繰り返している。車券投票に何の罪悪感も覚えないし又強い意欲を持って買い続けているのでもない。確かに競輪投票で収入を減じる程所得も無いが投票する度にさらに収入減に直結するのだから貧困生活には変わりない。但し若くして競輪を覚え定収に有りつく前からの入門だけに生活の一部に成りきって居り法を犯さぬ限度内生活で競輪と共に歩んだ人生である。お陰で妻子も居ず家庭・家屋・車も所有したことは無い。生涯賃金の殆ど人生の大半を競輪至上主義に生きてきただけに今更断輪・禁輪へ入り込めずに居る。競輪さえ止めれば人並みの所得水準になることも無く競輪を続けても心の安らぎや穏やかな気持ちにはなれない。早く言えば食事みたいなものでレースが始まる時間だから何となく投票する。最低限の投票で済ます。食事だって贅沢三昧にグレードを上げれば直ぐに生活貧困者になろうが競輪は最低限のレートで賭けつづけても生活困窮者のままだ。他に何かを求めるくらいならこのまま負け続けの競輪で好いとも思う。金のかからぬ趣味は無い。財力の違いは有ろうが僕の投票額以上の金額を1回の遊行や趣味バカンスに消費する人は多い。僕の場合は他へ回す金額は当然捻出することは不可能だろうし今更金のかかる趣味など持ちたくも無い。何時もそうだが結論は例え負け続けの競輪であろうとも買い続けるしかない。に達してしまう。微力ながら選手の生活の1部にでも役立つのであれば・・・繰り返す結論

   (小さな運命)

 選手の労働時間なんて一体何時間なのだろうか?「練習が労働で競走が集金」だとも云う。独立した自営業者なら社長さんと同じで勤務時間とプライベートな時間との区別も無いのであろうかsign0224時間が勤務時間なのかもしれない。

 僕ら投票する側からすれば精々3分そこらの勤務時間でぼやぼや後方凡走を繰り返すんじゃないぞsign03とか野次を飛ばしたくなる選手も居るが彼も選手であり社長さんなら全てを弁えて次の今後のレース(集金日)により多くの利益を生む為の彼なりの営業手法sign02なら仕方が無い。

 買い手がのめりこまねば好いのだが兎角買い手は好条件の買い方(必勝法?)が有るのではと錯覚を起こし易い。ここで競輪にのめりこむ人と達観してこう云う世界もあるものだと傍観者の立場を守れる人とで人生も運命も別れることになる

 。どちらの人生も所詮たいした程の人生ではないのだが一方から他方を見ると他人の庭と同じでよく見えるのだろう。僕から見れば競輪尽くしの人生で家も家庭も家族も車も持てぬ人生で哀れな馬鹿な人生を過ごして来た。それに反して君等は大きな家を所有し夫婦円満健全利口な子孫に恵まれ高級車も数台乗り回す恵まれたうらやましい人生だsun何て悔やんでしまう時も多いがsign02例え競輪投票をやらない人生を歩んだとしても僕の基本的素材が変わらずして何らかのアクシデントから負のベクトルの方へ力は左右し同様哀れ人生で終結したであろう。運命的ものであり競輪で負け続けた為に現在があるわけじゃない。競輪を続けると必ず負け続ける羽目になる。を体を持って実証できただけでも貴重な人生体験だったのかもしれない。あと何年競輪を続けられるか解らないが手・足・脳が動くうちは少しでも投票に関連しながら生き続けたい。

 スポーツ紙の競輪欄スクラップを先日から止めた。多量の新聞紙のごみの山とも縁切りだ。競輪関係書類の収集家では競輪を勝ちきることは出来ない。出目の研究家でも同じことだ。レースの分析家でもコンピューターの専門家でも競輪周辺事情に詳しいおじさんの一人に過ぎない。

 人生、常に何かに拘わっていないと健康に生きられないのかもしれない。今更別な道へ迷い込むことも無かろう。競輪の迷路から脱出を図りながら細々生きるのも僕に与えられた運命なのかもしれない。

  (浮上策)

  お早うございます。輪士です。クリスマスから年末そして正月を迎えるべき商店街は気忙しくなり僕等貧乏車券師の懐は一段と逼迫しさらに寒さが追い討ちをかける。買えば買うだけ追えば追うだけ悲しい方角へ後すざりする競輪down残すは30日のグランプだけ何て抜かすは俄かケイリンファンだけdown僕等骨の芯まで競輪の血液が流れ込んだ競輪一族にはグランプリもFⅡレースも単なる1レースに過ぎない。主催者側はグランプリ1レースで何十億円か?売り上げを期待しているか知らないが一緒になって愚か祭りを囃し立てることはない。

 優勝賞金が¥1億だと云う。ならば競輪の主賓たるお客様にも¥1億円を提示してはどうか少なくても年間を通じて投票を続けた大事な真のファン達だ。選手がスターである内はスポーツ。賭け事は金を賭けるファンがスターの筈だ。競輪が俄かファンだけで維持できるのなら好い。風雪に耐えなけなしの資金を捻出し細々と狙った車券は何処かへ消えてしまうdownこれを年間通じて続けている。

 僕は50年を越す。寒空に肩をすぼめ荒れ果てた両手をすり合わせ惨敗の家路へ足取りは重いdown。方や優勝者の表彰式sun拡大小切手を誇らしく捧げdownお前等貧乏人車券師の小銭を俺が掠り取ったのだsunと満悦の表情sunsun

 選手は一介の駒sign03車券購入するファンこそスターだsign03払い戻し所で大金を受ける客の中に真のスターは居る筈だsign03。スポーツなら選手がスターで勝利した選手が祝されてもいい。

 競輪は博打だし勝利したファンが祝されるべきではないかsign02グランプリの歴代の優勝者はメデァにも資料が残る。車券を買い勝利した最高勝利者(最高払戻金受領者)にスポットを当てずして競輪売り上げの低迷は当たり前の話。選手のなり手は年齢制限まで取りパラって門戸を広げた。

 買うファンは激減の一途down裾野を広げるか(海外にも場外車券場の開設等)sign02買い手にスポットを当てるかsign02が浮上策の両輪だと思うのだが・・・・

  

« 2009年5・6・7・8・9月 | トップページ | 2010 年1月・2月・3月・4月・5月 »

競輪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1042680/31683469

この記事へのトラックバック一覧です: 2009 年10・11・12 月:

« 2009年5・6・7・8・9月 | トップページ | 2010 年1月・2月・3月・4月・5月 »